Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

ヤマハデザイン展2015開催。全天球ドラムに2人用マリンバ、コンセプトトライクなど見所多数

Shingi Hashimoto
2015年7月3日, 午後10:05 in Fujin
717 シェア
412
237
28
3
37

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事



ヤマハとヤマハ発動機が、本日より7月5日まで、六本木ヒルズにて『Two Yamaha,One Passion~ヤマハデザイン展 2015』を開催しています。これは球体式ドラム『RAIJIN』(雷神)と2人用マリンバ『FUJIN』(風神)といった楽器、およびコンセプトトライク(3輪バイク)やバイクの数々など、両社の最新デザインコンセプトモデルを展示するイベント。

2015年春にフランスで開催された第9回 サンテティエンヌ国際デザインビエンナーレ2015に出展されたモデルを日本で初公開するとともに、世界初公開となるモデルも含む、気合いの入った出展です。
続きには出展モデルの写真を多数、タイトル画像にもなったRAIJINとFUJINの演奏動画などを掲載しました。ぜひご覧ください。



今回展示されたモデルのいくつかは、両者のデザイン企画「Project AH A MAY」(プロジェクト アーメイ)から生まれています。
これは楽器や電子機器を基本とするヤマハと、バイクやボートなどを基本とするヤマハ発動機のデザインスタッフが、それぞれのノウハウやデザイン手法を活かしつつ、お互いの会社の製品をデザインしあうというプロジェクト。



ちなみにプロジェクト名のAH A MAYは、YAMAHAを逆から読んだスペルでもあるとのこと。サンテティエンヌ国際デザインビエンナーレでの出展も両社の名前ではなく、このプロジェクトの名義となっています。


さて、会場で大きくアピールされていたのが、RAIJINとFUJIN。ヤマハ発動機のデザインセンターが設計した楽器です。

Gallery: ヤマハ 球体式ドラム RAIJINと2人用マリンバ FUJIN | 27 Photos





RAIJINは球体に近いフレームのところどころにドラムスセットが分散された構造。
公式の解説では「ドラム楽器の中で暴れまわるように演奏できる球体は、演奏者を中心に噴出するエナジー、増幅する音世界を視覚化します」と紹介されており、演奏風景もまさにダイナミックなものとなります。



中からの視界も、天を見上げると視界を覆うシンバルが占有しているなど、外観以上に個性的なところがポイントです。



FUJINは2人で演奏するマリンバという、コンセプトからしてユニークなモデル。中央には2人が座れる椅子があり、周囲を回転可能な鍵盤が覆うという、RAIJINに負けないインパクトがあるビジュアル系楽器です。



公式解説には「マリンバを二人で演奏しエナジーを増幅させます。モーターサイクルの二人乗りさながらの奏法は、お互いのスイングやギャップが生む偶発性を活かしたスリリングな演奏を楽しめます」とありますが、実際の演奏を見ていると、奏者を含めて確かに躍動感溢れる光景です。



『01GEN』は、トライク(3輪バイク)のコンセプトモデル。ヤマハ発動機は、前2輪タイプの125ccトライク『TRICITY』(トリシティ)を発売していますが、より排気量の大きなデザインとして発展させたモデルです。

Gallery: ヤマハ コンセプトトライク 01GEN | 12 Photos



公式解説によるコンセプトは「オン&オフのクロスオーバー」。オンロードからオフロードまでを走れる安定性、およびアグレッシブなオンの走りとリラックスしたオフの走りまでをカバーする、というコンセプト。



しかしそれよりも注目は、なんといってもいい意味でコンセプトモデルと呼べそうな戦闘的デザインでしょう。1989年にモーターショーに出展された傑作コンセプトバイク『モルフォ』を思い起こさせるような流麗さです。



『02GEN』は、電動アシスト車いすのコンセプトモデル。基本モデル「Merge」(左)と、ファッションデザイナーである廣川玉枝氏とのコラボモデル「Taurs」の2台を展示します。

Gallery: ヤマハ 電動アシスト車いすコンセプト 02GEN | 8 Photos


公式解説のコンセプトは「さっそうと操り、美しくしなやかに動く」ということで、シート形状や足置き周辺などは、車いすとしてかなり先進的なデザインになっています。





『03GEN』は、トリシティと同程度の排気量としたトライクのコンセプトモデル。オンロード向けデザインの03GEN-fと、オフロード向けの03GEN-xという2台構成ですが、驚くことに両者のフレームは基本的に同一。なお、xは世界初出展となる機体です。

Gallery: ヤマハ コンセプトトライク 03GEN | 20 Photos



fはFuture Racing、xはクロスバイクなどのCrossを意味するということで、デザインラインも同一フレームとは思えないほど別物になっています。
fは01GENほどではないもののかなり未来的なデザインで、xは一見レトロっぽいものの、シート回りなどを見ていると2015年を感じさせるラインが盛り込まれているのがポイントでしょう。



ヤマハのデザインセンターが設計したコンセプトバイクが『ルート』(※正式には数学記号の「ルート」です)。馬をモチーフとしたデザインコンセプトのモデルで、馬の鞍を前後に延長したようなボードが印象的な機体です。



目前から計器類を取り払い、さらにハンドルなども下げたことで、ライディング時の視界を大きく広げたのがポイント。エンジン状態は腕時計型のワイヤレスタコメーターで確認します。一方で視点を下に下げると、エンジン部周辺はかなりメカを魅せる構造となっているのも注目ポイントです。

Gallery: ヤマハ コンセプトバイク √(ルート) | 13 Photos





同じくヤマハのデザインセンターが設計した、電動アシスト自転車のコンセプト機が『0±0』(ゼロ プラスマイナス ゼロ)。機体を横から見た形状にも掛けた名称です。

自転車本体は非常にライト、かつ若干ハンドル部やバッテリーカバーの革張りがレトロな印象ですが、ポイントは後輪部に装着可能な充電スタンドです。これは一般的な家庭用コンセントからの充電ではなく、実は発電機という趣向。つまり、自らペダルを漕いで充電することも可能な電動アシスト自転車というわけです。

Gallery: ヤマハ 電動アシスト自転車コンセプト 0±0 | 11 Photos



さらに隣りに楽器が置かれているのは、公式でアピールされている「充電した電気を家族とシェアする、電池を持ち出し電気で動く楽器や機器を楽しむ」という思想によるもの。



デザイン的には、モーター部カバーや充電機のホイールなどが銅色になっているのがポイント。本誌読者であれば、ここからヤマハ製レコードプレーヤーの銘機『GT-2000』を連想する方も多いのではないでしょうか。





そしてニコニコ超会議2015に続いて出品されたボーカロイド音源搭載ショルダーキーボード『VOCALOID KEYBOARD』や、ライティングオーディオシステム(照明付きBluetoothスピーカー)『Relit』なども展示されていました。

ヤマハデザイン展は単独メーカーのデザイン展としては、非常に盛りだくさんの内容となっている催し。インダストリアルデザインに興味のある方だけでなく、変わったデザインの製品を見るのが好きという方などにもオススメできるイベントです。

Source: YAMAHA
717 シェア
412
237
28
3
37

Sponsored Contents