Sponsored Contents

bluetoothの最新記事

Image credit:
Save

初の Bluetooth 対応テプラ PRO SR5500P 発表、PC / iOS 版印刷アプリには翻訳機能も搭載

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年7月7日, 午後03:33 in Bluetooth
177シェア
0
177
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
 
キングジムが、ラベルライター「テプラ」の新製品 PRO SR5500P を発表しました。テプラシリーズ初のBluetooth対応でiPhoneやiPadなどからワイヤレスでラベルを印刷できます。 
 
 

テプラ PRO SR5500P は、本体にキーボードを備えないシンプルな外観です。従来モデルと同様 USB ケーブルによるPC /Mac への接続に加えて、Bluetooth 経由でも iOS デバイスからラベル印刷が可能です。

【2015/07/10 16:40】初出時、「Bluetooth 経由でも PC /Mac および iOS デバイスからラベル印刷が可能」と記載しておりましたが、正しくは「Bluetooth 経由でも iOS デバイスからラベル印刷が可能」です。お詫びして訂正いたします。

ラベルを印刷するにはそれぞれの環境にあった専用アプリを使用します。Windows 版と iOS 版の専用アプリでは、外国人観光客の多い飲食店や観光施設、駅などでの使用を想定した翻訳機能を追加しました。

Windows 版アプリで翻訳可能な言語はイタリア語、インドネシア語、スペイン語、ドイツ語、トルコ語、フランス語、ベトナム語、ポルトガル語、マレー語、ロシア語、英語、韓国語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、日本語の15種類。iOS 版は Windows 版にタイ語とヒンディー語を加えた17か国語に対応します。

Mac 版アプリは現在のとこと翻訳機能には非対応。また Android 版アプリの提供については未定とのこと。

テプラ PRO SR5500P は AC アダプター、USB バスパワー、単三アルカリ電池 x6 で動作可能。ヘッドは 180dpi(128ドット)使用可能なテープ幅は4~24mm。

本体大きさは幅54 x 奥行132 x 高さ146mm。重さ約440g(電池・消耗品除く)。本体カラーはブルーのみ。AC アダプター、USB ケーブルなどが付属します。

発売日は7月31日。税抜価格は1万8000円。

ちなみに SR5500P の上位機種 SR5900P は WiFi に対応しており、iOS デバイスからのワイヤレス印刷に対応します。またテプラ専用 USB デバイスサーバー RDS10 を使えば、対応するテプラなどに WiFi/有線ネットワーク機能を追加できます。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

177シェア
0
177
0

Sponsored Contents