Sponsored Contents

Microsoftの最新記事

Image credit:
Save

Office 2016 for Mac 提供開始。まずはOffice 365ユーザー向け、パッケージ版は9月公開

Takahiro Koguchi, @TKoguchi787
2015年7月10日, 午後03:30 in Microsoft
159シェア
0
159,"likes":25
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


マイクロソフトはOffice 2016 for Macを正式公開しました。Office 365サブスクリプションを契約済のユーザーが利用可能。パッケージ版は9月に公開予定です。


Office 2016 for Macは、Office for Mac 2011 (2010年リリース)からは実に約5年ぶりの新バージョンで、MacのRetinaディスプレイにも対応しました。

Office 2016 for Mac に含まれるアプリケーションは、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookの6種類です。



マイクロソフト公式ブログによれば、Office 2016 for Macの主な変更点は下記の通り

  • Retinaディスプレイのフルサポート
  • 各種OneDriveへの対応(通常版に加え、SharePoint用やfor Businessなど)
  • Office for Mac 2011から採用されたリボンUIの配置や大きさ等の大幅な見直し
Wordでは「デザインタブ」の追加。Excelではグラフの推奨機能、オートコンプリート機能、大量のデータをフィルタリングしてパターンの発見に役立てる「PvotTable Sliver」の追加。PowerPointではアニメーションペインの改善など。

本日よりOffice 365の各エディションユーザーが Office 2016 for Macをダウンロードして使えるようになりました。なおパッケージ版のリリースは9月を予定しています。

ダウンロードは下記リンクからどうぞ

個人のOffice 365ユーザーのダウンロードページ

企業のOffice 365ユーザーのダウンロードページ


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

159シェア
0
159,"likes":25
0

Sponsored Contents