Sponsored Contents

cortanaの最新記事

Image credit:
Save

マイクロソフトがWin 10向けCortana日本語版の予定を公開、Insider向けとして「数か月中」

Shingi Hashimoto
2015年7月20日, 午後11:35 in Cortana
220シェア
0
220
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


マイクロソフトが、Windows 10に搭載されるパーソナルアシスタントCortana(コルタナ)の日本語対応についてWindows Blogにて公式発表しました。まずはWindows Insider Programに参加しているユーザー向けのテストという形で導入され、時期は『over the coming months』、つまり数か月中とされています。

コルタナは、音声認識や簡易的な会話も可能とするパーソナルアシスタント(またはエージェント)機能。iOSにおけるSiriの対抗的機能と位置づけられます。従来のWindowsで搭載されてきた単純な検索機能はSiriやGoogle Nowに対して柔軟性の低いものでしたが、コルタナはそれらに比べても十分対抗できる機能を備えます。

現状ではスタートボタン復活などの影に隠れがちですが、実はWindowsパソコンのユーザーインターフェイスの変革という点ではより大きな機能です。




今回のWindows Blogと英語での公式動画(上記)では、ワールドワイドでのCortana提供日にも触れられていますが、Win 10リリース日となる7月29日では、7か国(米国、英国、中国、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン)になる点も紹介。

日本と同じく「Insider向けとして今後数ヶ月中」に提供されるのが、オーストラリア、カナダ、インドである点(カナダとインド向けは英語版)である点、そして「2015年後半」にブラジルとメキシコ、カナダ(フランス語版)でInsider向けのテストが開始される点も合わせて発表されています。

またBlog記事では、公開スケジュールのみならず、コルタナのローカライゼーションについても紹介。各国の好みに受け入れられるように声優、つまり声質を変えたり、果ては性格付け(例えばフランクなのか、礼儀正しいのかなど)も変更されていると触れられており、この点も興味深いものとなっています。



さて、コルタナはもともとWindows Phone 8.1から導入された機能ですが、Win 10版は目玉的機能として位置づけられていることもあり、リリース直前でも(そしておそらくリリース後も)拡張され続けています。

上で紹介したMS公式ビデオは英語版での基本機能についてまとめたものですが、例えば6月末にInsider向けに公開されたバージョンでは、メールの口述送信や宅配便の荷物の追跡、航空機の出発アラートといった高度な機能が追加されています。下記記事を参照ください。

Windows 10プレビュー更新、新ブラウザMS Edge搭載。コルタナは口述メールに対応

対して日本語版は米国版と比べての音声認識の難しさや翻訳などの問題から、これまで公開されたInsider Previewでは使えない状態となっていました。5月に開催されたマイクロソフトの開発者カンファレンス de:code 2015では、非公式ながら日本ではリリース時に非搭載となる見込みが示されていました。

Windows 10のコルタナ、日本語には発売後のアップデートで対応?




余談ですが、Windows Insider Programは、このようにWindows 10リリース後にも継続されます。開始時はWin 10のプレビュープログラムという性格が強かったことから、一部では「Win 10がリリースされると終了するのでは?」という予想もありましたが、今後のWindows 10に追加される機能も、リリースに先行してInsider向けに配布し、テストするパターンが基本となります。

マイクロソフトはアプリケーション開発者向けに、「開発者は今後可能な限りInsider Programに参加してほしい」とのコメントも出しており、将来的にはベータ版テストプログラムはすべてInsider Programベースとする意向も示しているほど。

そういった意味あいから、Insider Programの重要性はむしろWin 10リリース後にこそ増していくものとなりそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

220シェア
0
220
0

Sponsored Contents