Sponsored Contents

bluetooth speakerの最新記事

Image credit:
Save

フィリップスからIPX6防水 Bluetooth スピーカーBT2200、小型のBT50。8月上旬発売

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年7月28日, 午後07:07 in Bluetooth Speaker
16シェア
0
16,"likes":14
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
オンキヨー&パイニアイノベーションズが Philips ブランドの Bluetooth スピーカー 2機種を発表しました。BT2200 は40mm 径フルレンジスピーカーを1基備えるモノラルスピーカーで、重さは約200g 。水辺でも気兼ねなく使える防水仕様となっています。

同時発表の BT50 も 40mm 径フルレンジスピーカーを1基備え、重さは約90g。280ml ジュース缶サイズのコンパクトなモノラルスピーカーです。

Gallery: Philips BT50 ミニBluetoothスピーカー | 10 Photos

10


Gallery: Philips BT2200 防水Bluetoothスピーカー | 7 Photos

7

BT2200 の特徴は、IPX6 に準拠する防水仕様。「あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない」耐水形となっており、浮き輪のような浮かぶものに乗せて、水上での音楽再生も可能です。

約 200g と非常に軽く仕上がった本体には、出力 2.8W、40mm 径フルレンジスピーカー1基を搭載。再生周波数特性は40Hz~20kHz。スピーカーのインピーダンスは4Ω。

Bluetooth 4.0 に対応し、通信可能範囲は10m。内蔵マイクを使えばハンズフリー通話も可能です。内蔵バッテリーによる連続使用時間は約5時間。屋外レジャーへ持ち出せば、たとえばお昼から夕方までぶっ通しで使い続けられる長さです。

大きさは幅107.3 x 奥行58 x 高さ69.1mm。本体カラーはレッド/アクア/ブラックの3色を揃えました。

BT2200 の発売時期は8月上旬。オープン価格。店頭予想価格は6980円前後。

ちなみに IPX6 の防水性能は、水没には対応できません。浮かべて使うのは大丈夫ですが、はしゃぎすぎて"ポチャン"と落としてしまわないよう、転落対策は講じておくのが良さそうです。

 
 
フィリップスブランドからは、BT2200 より更に小さい Bluetooth スピーカー BT50 も発売予定です。寝室や屋外で手軽に使えるのがウリのBT50は直径61mm、長さ76mmの円筒形で、ジュースの280ml缶ぐらいの大きさ。重さは約90g。

カラーはアクア/グレー/ライム/ホワイト/ブラックの5色を用意しますが、いずれも2トーンのポップな色使いが特徴的です。

出力2W、40mm径フルレンジスピーカーを搭載。再生周波数特性は100Hz~16kHz。内蔵バッテリーによる連続使用時間は約6時間。

Bluetooth2.1+EDRに準拠し、通信可能範囲は10m。

BT50の発売時期は8月上旬。オープン価格。店頭予想価格は3980前後です。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

16シェア
0
16,"likes":14
0

Sponsored Contents