Sponsored Contents

3dTvの最新記事

Image credit:
Save

65インチ4K曲面有機ELテレビ LG OLED TV 65EG9600発売。実売約100万円

KENTA
2015年8月6日, 午後01:13 in 3Dtv
67シェア
0
67
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View



LGエレクトロニクスが、65インチ曲面有機ELディスプレイ採用テレビの4Kモデル LG OLED TV 65EG9600 を8月7日から発売します。

市販の有機ELディスプレイとしては世界最大級の65インチで4Kの解像度を実現し、同じラインナップの55インチモデルと同様に曲面ディスプレイ、webOS 2.0ベースのスマートTV機能を搭載します。

Gallery: LG OLED TV 65EG9600 | 8 Photos

8


今回、65インチ4Kモデル 65EG9600 が追加され、5月に発売した55インチ4Kモデル 55EG9600 、6月に発売した55インチフルHDモデル 55EC9310 と合わせると、国内で販売予定の LG OLED TV シリーズが全て出揃いました。

4Kモデルの65EG9600と55EG9600 は型番がソックリなだけでなく、本体の外観も同じです。下の右側の外観がフルHDモデル、左側が4Kモデルです。



LG OLED TV シリーズの主な仕様の比較は、以下の表の通り。




LG OLED TV シリーズの全モデル共通の仕様は

  • 3D機能 CINEMA 3D、2D->3D変換など
  • 録画機能 USBハードディスク録画、裏録画、くりかえし録画など
  • チューナー 地上デジタル x 2(CATVパススルー)、B S・110度C Sデジタル x 2
  • 入力端子 コンポーネント x 1
  • 出力端子 ヘッドホン x 1、光デジタル音声 x 1
  • その他 USB x 3(USB2.0対応)、有線LAN x 1、無線LAN x 1
  • スマホ出力 Miracast、MHL対応
  • 付属品 マジックリモコン、標準リモコン、3Dメガネ x 2個、説明書など

LG OLED TV シリーズの特徴については、過去の記事を参考にしてください。

LG、webOS 2.0採用の55インチ曲面 有機ELテレビを国内発売。フルHD約40万円、4K約63万円

4K対応モデルの方がテレビとしての解像度も高く、ラインナップ上では上位モデルでかつ、高機能な位置づけにあるように見えますが、細かな仕様を見ていくと、フルHD対応モデルの方が優位な仕様がいくつかあります。

HDMI 入力端子は、フルHDモデルが4つに対し4Kモデルは3つ、スピーカーについても、フルHDモデルがツィーターを内蔵し、スピーカー x 2、ツィーター x 2 の 40W(各10W x 4)の出力に対し、4Kモデルの仕様は、スピーカー x 2で、20W(各10W x 2)の出力です。

このあたりの仕様は細かな差ではありますが、55インチの4KモデルかフルHDモデルかで悩んでいる場合の検討の1要素になり得るかも知れません。

同クラスの液晶テレビの価格と比較すると、有機ELテレビはまだまだ高価ですが、55インチフルHDモデルの 55EC9310 はネット最安値で約34万円、4Kモデルの55EG9600 もネット最安値で約48.5万円と発売開始当初と比較すると、順調に値下がりしています。

8月7日に発売する65インチ4Kモデルの65EG9600 は実売価格100万円前後の予定ですが、こちらも発売から数か月で値下がりしていくのではないかと思われます。

現在の国内の家庭用の大型テレビ市場は、液晶ディスプレイが市場を牽引しています。
2013年に国内向けに製造販売を続けていたパナソニックがプラズマディスプレイから撤退し、有機ELディスプレイについても、早い段階から大型化に向けた開発が進められてきましたが製造コストが下がらず、2014年にソニーとパナソニックが有機ELディスプレイから撤退している状況です。

一方で、韓国勢のサムスンやLGは撤退していく日本勢を尻目に価格は高価ながらも、大型の有機ELディスプレイを搭載したテレビを販売していました。ところが、今年のCESではサムスンの大型有機ELテレビが姿を消し、LGのみが新モデルの発表をする形になりました。

サムスンとLGの明暗を分けたのは、有機EL素子のカラー化方式にあります。
サムスンがRGB発光素子で行う方式に対し、LGは白色発光素子にカラーフィルターを組み合わせる方式を採用しています。ちなみに、日本勢の多くもサムスンと同じRGB発光素子で行う方式を採用していました。
白色発光素子にカラーフィルターを組み合わせる方式は、RGB発光素子と比べて歩留まりも良いため、コスト面でのメリットが大きく、LGは有機ELテレビから撤退することはありませんでした。

そのような状況下で、パナソニックの4K有機ELテレビに、LGが有機ELディスプレイを供給するかも知れないという噂もあります。

そういった噂を耳にすると、LGが有機ELディスプレイを供給し、各社から有機ELテレビが登場することを期待せずにはおれません。家庭用の大型テレビの選択肢として、有機ELテレビが候補に追加される日は来るのでしょうか。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: LG
関連キーワード: 3dTv, lg, oled, oled TV, webos
67シェア
0
67
0

Sponsored Contents