Sponsored Contents

4kの最新記事

Image credit:
Save

光学24倍・全域F2.8の LUMIX FZ300 発表。4K撮影強化、防塵防滴構造も新採用

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年9月3日, 午後01:18 in 4K
83シェア
0
83,"likes":11
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
パナソニックが、デジタルカメラLumixシリーズの新モデルDMC-FZ300を発表しました。特徴は光学24倍ズーム機能にくわえ、4K/30pの動画撮影、静止画では秒間30コマの高速連写から好みの瞬間を切り出す4K PHOTO機能を搭載したところ。

開発発表当初は2015年中の発売を目指していたものの、実際の発売日は9月17日と予想外に速い発売を迎えます。オープン価格ですが、店頭予想価格は8万円前後の見込み。

Gallery: Panasonic Lumix DMC-FZ300 | 11 Photos

11

 
 
 

1/2.3型、有効1210万画素の高感度CMOSセンサーを採用。光学24倍ズーム(35mm判換算で焦点距離25-600mm)、全域F2.8の「LEICA DC VARIO-ELMARIT」レンズといった仕様は先代のDMC-FZ200からそのまま引き継ぎます。感度は向上しており標準で最高ISO 6400となっています。

画像処理の「ヴィーナスエンジン」は絞り込んだ撮影でも解像感を得られる回折補正機能を搭載。最速0.09秒と高速な「空間認識AF」を新たに搭載しました。


連写機能は秒間12コマ。4K解像度、秒間30コマで撮影し約8MBの連続写真として残す「4K PHOTO」モードを採用し、稲妻の光るようすなど決定的瞬間を切り出すことができます。
 

そのほかの主な仕様は0.39型有機EL採用EVF、3型104万画素、タッチ対応のバリアングル液晶モニターを搭載。

802.11b/g/n WiFi機能を搭載。スマートフォンをリモコンとして利用することが可能。入出力はUSB2.0、マイクロHDMI出力などを搭載。SDカードスロットはUHS-I U3に対応します。

動画撮影形式はAVCHD/AVCHD Progressive/MP4。4K/30p撮影はMP4形式のみでビットレートは100Mbps。720p解像度では最大120fpsの高速撮影にも対応します。手ぶれ補正機能として5軸ハイブリッド手ぶれ補正を用意します(4K撮影時除く)。

 
 
またボティ接合部などには防塵・防滴設計を採用し、突然の雨も気にせず撮影を続行できます。

本体大きさは幅131.6 x 高さ91.5 x 奥行117.1mm。重さ約691g。

DMC-FZ300の発売日は9月17日。オープン価格で、店頭予想価格は8万円前後です。

なお DMC-FZ300 は7月の開発発表において、撮影したあとから写真の好きな場所にフォーカスを合わせられる「フォーカスセレクト」機能を搭載予定としていましたが、正式発表の資料にその文言はありません。ただ、パナソニックは開発発表時「フォーカスセレクト機能については、ファームウェアの更新で2015年度中を目標に提供予定」としており、ここは気長に待つほかなさそうです。
 

フォーカスセレクト


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Panasonic
83シェア
0
83,"likes":11
0

Sponsored Contents