Sponsored Contents

ifa2015の最新記事

Image credit:
Save

リコー、全天球カメラ最上位モデル THETA S 発表。新レンズ&センサで高精細化、スマホでライブ表示、360°動画撮影

Takahiro Koguchi
2015年9月4日, 午前09:04 in Ifa2015
806シェア
500
275
0
31

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

【動画】米国防総省がUFO情報を極秘に調査。2012年まで予算投下、米軍機による追跡映像も

【動画】米国防総省がUFO情報を極秘に調査。2012年まで予算投下、米軍機による追跡映像も

View


ドイツ・ベルリンのIFA 2015会場より。RICOHは360°全天球カメラの新モデル THETA Sを発表しました。

主な特徴は、新開発の光学系やイメージセンサの大型化による全天球画像の高精細化、スマートフォンでのライブビュー、フルHD相当/30fpsの全天球動画撮影など。THETAシリーズの最上位モデルとして2015年10月下旬に発売予定です。

Gallery: リコー THETA S | 17 Photos

17



THETA Sは全天球カメラ THETAシリーズの最上位モデルです。新開発の大口径小型2眼屈曲光学系とイメージセンサの大型化により、全天球画像の出力は1400万画素相当に向上。また画像処理技術の改善で『ノイズが減り暗所でも撮影できるようになった」と説明します。

動画はフルHDサイズに相当する1920 x 1080ピクセル 30fps撮影が可能。連続動画撮影時間は25分。PCを介さず、スマートフォン上のアプリ「RICOH THETA S」内の専用アプリでだけで360°の全天球映像を合成して視聴できます。



撮影した映像はスマートフォンのアプリから直接、SNSやYouTube 360°にアップロードできます。



また全天球画像をスマートフォン上で編集できるアプリ「THETA+」を発表。また、今後全天球映像をスマートフォンで編集できる「THETA V+」もリリース予定。





また特徴的な機能がライブビュー。スマートフォンやタブレットとWi-Fiで接続することで、静止画撮影時にスマートフォンをファインダーとしてライブビュー撮影が可能。表示方式は全天球またはパノラマの2種類から選べます。また、スマートフォンの画面上からシャッタースピード、ホワイトバランス、ISOといったパラメータをマニュアルで変更できます。

なお、Wi-Fiの転送速度は従来モデル比で4倍に高速化したそうです。



デザインについては、片手で持ててポケットにも入る携帯性の高さ。表面にはラバーのコーティングが施され、手から滑り落ちにくい印象です。

本体サイズは44mm x 130mm x 22.9mm、質量125g。

外部インターフェイスはUSB 2.0、HDMI-Micro(Type-D)をサポート。記録媒体は内蔵メモリ8GB。リチウムイオンバッテリーを搭載し1回のフル充電で撮影できる枚数は約260枚としています。



これがTHETAが全天球映像を撮影する仕組み。両サイドに1つづつ、合計2つの魚眼レンズを配置した光学系とCMOSセンサーの組み合わせで360°全天球を切り取ります。



発表会には、Googleのストリートビュー担当者が登壇。Googleフォトスフィアアプリをリニューアルした新アプリ「Google Street View」をお披露目しました。このアプリは、ユーザーが手軽に全天球画像をシェア可能。THETAで撮影した画像もアップロードできます。















RICOH THETA Sの米国価格は$349(約4万円)。日本市場でも10月下旬に発売予定です。

IFA 2015の最新情報はこちら

関連キーワード: ifa2015, ricoh, ricoh theta s, Theta, theta s
806シェア
500
275
0
31

Sponsored Contents