Sponsored Contents

Appleの最新記事

Image credit:

速報:iPad Pro発表。560万ドットの12.9型、プロセッサ刷新で4K動画を3つ同時に再生

Shinichi Sekine , @sekine_s
2015年9月10日, 午前02:40 in Apple
552 シェア
240
176
5
13
118

連載

注目記事

人気記事



9月10日2時より開催中のAppleスペシャルイベントにおいて、iPad Proが発表されました。発売は11月。米国での価格は32GB版が799ドル、128GB版が949ドル、128GB版が1079ドル。本体カラーはお馴染みとなった感もある、シルバーとゴールド、スペースグレイの3色展開です。
 
アップル iPhone 6s / 6s Plus スペシャルイベント ライブ更新速報はこちら

Gallery: iPad Pro | 15 Photos


画面サイズは12.9インチで、解像度も2732×2048ピクセルに高精細化しています。画素密度は264ppiから変わりありませんが、iPad Air 2の9.7インチ、2048×1536ピクセルと並べると、かなり大きな違いがあります。イベントにおいても、ソフトウェアキーボードが余裕を持って両手で打てることをアピールしていました。

プロセッサーには64bitの第3世代A9Xを採用。メモリ帯域は旧世代のA8X比2倍で、ストレージの速度も倍になっており、総合的な処理速度としては約80%程度向上しているといいます。プレゼンを担当したフィル・シラーは、4K動画を3つ同時に再生しても快適に動作すると話していました。

機能面では、新たに可変リフレッシュレートによる省電力機能を搭載。本機能はタッチトラッキング精度の向上にも寄与しています。

内蔵スピーカーは端末の上部と下部に各2基、計4基を装備。バッテリー持続時間は10時間。外形寸法は305.7×220.6×6.9mm。重量はWi-Fiモデルが713g、セルラーモデルが723g。
iPad Pro(上)とiPad Air 2(下)の厚み比較

オプションとしてはキーボード付きカバーの Smart Keyboardや傾き検知機能付きスタイラスペンApple Pencilを用意しています。

基本的な仕様や機能はiPad Air 2を踏襲しながらも、画面サイズを一気に大型化し、処理能力やトラッキング精度といった使用上の快適さに直結する部分は堅実に向上させた進化形となっています。サイズが変わったので当然のことではありますが、重量もiPad Air 2の400g台から700g台へと大幅に増えており、ここまで違うと使い途も変わってきます。オプションのラインナップからすると、どちらかと言えばクリエイティブ用途に振った製品のようにも思えるので、クリエイティブ系アプリの充実が期待できるかもしれません。


 
新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy

 
関連キーワード: Apple, apple20150909, ipad, IpadPro, pro
552 シェア
240
176
5
13
118

Sponsored Contents