Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

本日アップデート開始のiOS 9の気になる新機能を実機でチェック 従来モデルでも利用可能

海老原昭(Akira Ebihara)
2015年9月17日, 午後06:30
149シェア
0
149
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


iOS 9のアップデートが開始されました。短時間ですが触ってみた感想を、いくつかのポイントにしぼってお届けします。

Gallery: Apple's News app | 9 Photos

9

ライターの海老原です。
iOS 9が公開されました。我が家ではネットワーク側の問題なのか、一晩かけても3MBしかダウンロードできなかったので、「10分でダウンロードできた」と自慢してきた友人宅に押しかけて、ネットワークに侵入してアップデートしてきました。持つべきは高速回線のある友人ですね。

さてアップデートが終わったiOS 9、短時間ですがざっと触ってみて、個人的に気に入ったポイントに絞って紹介します。

1.メモアプリが強化



iOS付属アプリの中でも今回最も大きな変更が加わったのが「メモ」アプリです。これまでは基本的にリッチテキストベースのテキスト形式+α程度でしたが、手書きメモやチェックリスト、写真も簡単に貼り込めるようになりました。すでに使っている人は既存の「メモ」からのアップデートが必要です。



手描きメモは前々から純正につけるべきだと思っていたので、ようやく実現して感無量です。「メッセージ」内でも手描きさせてほしいです


OS X El Capitanが登場するまでOS Xとの同期が取れないのが不便な限り

こうした多機能メモアプリとしてはEvernoteがメジャーですが、Evernoteは無料会員では1ヶ月にアップロードできる容量が60MBしかないという短所がありました(総容量は無制限)。60MBだと、写真などを添付するとあっというまに消費してしまいます。その点、「メモ」はiCloudを利用するため、最大容量の制限はありますが、それ以外に制限はないため、気軽にメモを作れます。Evernoteがどれくらい影響を受けるかが気になります。

私事ですが、実はほとんどの原稿(この原稿も)はMacかiPhone上の「メモ」上で書いて、整形だけをMacのテキストエディターで行っています。今後は図版の指示などもメモ上で行ってから送信できるので、作業がさらにはかどりそうです。

2. プロアクティブアシスタント



AndroidのGoogle Nowに相当する「プロアクティブアシスタント」は、使い込んでいくとユーザーの行動を先読みして手伝ってくれるそうですが、まだ初対面ということもあって、先読み感は皆無でした。

今の所、よく使うユーザーやアプリの提示と、よく読まれているニュースを表示するくらいしかできませんが、ここに表示する項目を追加できるようになると面白そうです(現状は増やせません)。



ところでこのアシスタント、iPod touch(第5世代)では表示されませんでした。そもそも一番下の「・」を見るとわかるように、ホーム画面に左に行く余裕がないのですね......

とりあえずニュースは「News」アプリが導入されなかった日本でもそこそこ楽しめる感じです。ちなみにこのニュース、なんでも位置情報ベースで、近隣でよく読まれているWebサイトがリストアップされるらしいということ。旅行しながらその地の注目ニュースをチェックしてみたいですね。

3.iPadでマルチタスク

iPad限定ですが、画面分割型のマルチタスク(人間がマルチにタスクするためのものなので、コンピュータ用語のマルチタスクとはまた微妙に違う感じですが)が導入されました。ただし、使える機能は機種によって制限があり、全機能使うにはiPad Air 2、iPad mini 4、および11月発売予定のiPad Proが必要です。



実際に使ってみるとデモで見ていたようになかなかスムーズに使えず、ちょっと使いどころが難しい機能かもな、と思わせます(ドラッグ&ドロップができるといいんですが)。ピクチャインピクチャはなかなか面白いです。


ピクチャインピクチャはムービー表示用のUIがOS標準のものでないと難しいようで、Youtubeだとうまくいきませんでした。残念。

4.iPadの新キーボード

iPadではソフトウェアキーボードが新しくなっています。2本指でキーボードの上をスワイプするとトラックパッドのようにカーソルを自在に動かせる機能は、トラックパッド歴20年以上の私には最高に便利な機能でした。変換そのものはあまり変わってない感じです。


2本指でタッチするとトラックパッドモードになります。ちょっとわかりづらいけど左上に表示されているカーソルは自由に動かせます

5.「写真」アプリに画面キャプチャ専用アルバムが!

ライター業にとってスクリーンキャプチャは必ず発生する作業ですが、iOSではキャプチャした画像と写真を選り分けるのが一苦労でした。iOS 9ではキャプチャ専用のスマートアルバムにまとまられるので、作業効率が格段に向上します。これは実にいいです。


これだけでもOSアップデートした甲斐があったってものです

6. パフォーマンスアップはほとんどなし?

iOS 9、全体的に動作が軽くなった感じはありますが、ベンチマークを取った限りではiOS 8と大差ありません。まあハードウェアが変わったわけじゃないのでそう変わられても困るのですが......。ただし、アプリの切り替えやSiriの呼び出しなど、全体的なレスポンスは確実に反応がよくなってますので、そういう意味ではパフォーマンスアップといってもよさそうです。




GeekBench 3にて、iOS 9(上)と8(下)を比較。

iOS 9のほうが数値上は2割前後遅くなっているのですが......。
体感ではむしろiOS 9のほうが高速でした。
誤差の範囲というには差が大きいので、ベンチマークソフトが対応していないかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

149シェア
0
149
0

Sponsored Contents