Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 6sや6s Plusと一緒に買っておいたほうがいいアクセサリー6ジャンル

いーじま(Norihisa Iijima)
2015年9月25日, 午前07:00 in Iphone
335シェア
43
110
0
182

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

Google画像検索が「画像を表示」廃止・アップル新社屋でガラスに衝突する社員続出・インテルに約30件の訴訟 #egjp 週末版109

Google画像検索が「画像を表示」廃止・アップル新社屋でガラスに衝突する社員続出・インテルに約30件の訴訟 #egjp 週末版109

View
火星行きRoadsterの現在地がわかるウェブサイト開設。最接近は2020年10月7日。73年後には回収可能?

火星行きRoadsterの現在地がわかるウェブサイト開設。最接近は2020年10月7日。73年後には回収可能?

View

いよいよ本日発売のiPhone 6s、iPhone 6s Plus。新製品を買ったらアクセサリー類も新しいものを揃えるでしょう。ということで、オススメのアクセサリーをご紹介しましょう。



まずは、とてもとても重要な画面保護。iPhone 6sでは3D Touch機能が新たに搭載され、画面を強めに押すという操作がプラスされました。画面保護フィルムやガラスを貼っても大丈夫なのか心配でしたが、実機で試した石川温氏によると、力の加減が多少変わるものの機能が使えなくなることはないとのこと。なにしろ画面破損させると1万1800円(本体は大丈夫だった場合)もかかるので、画面保護はある意味保険でもあります。


iPhone 6s、iPhone 6s PlusともにiPhone 6、iPhone 6 Plusとデザインが変わっていないので、従来の製品も流用できます。そんな中でオススメは、エッジ部分で浮きの少ないと定評のある「Armorz Stealth Extreme R with Curve Protect 強化ガラス保護シート for iPhone 6 (上級者向け)」です。保護シートの端部分が巻き込むような特殊加工が施されており、浮きが少なく触りごこちもなめらかです。ゴリラガラスを使用し表面強度は9H。指紋が目立ちにくいコーティングもされています。ただ、貼るときはかなり難しく、そのため上級者向けと表記されています。厚さは約0.32mmで価格はiPhone 6用で5980円(税込)。
続いてケース。こちらはバラエティーに飛んでいて、使い方や好みによって大きく左右されますが、まずは安心の純正品から。「iPhone 6sシリコーンケース」は、音量と電源ボタンをカバーし、ボディにしっかりフィットするデザインです。シリコーン製なので、手にフィットして滑り落ちにくいので持っていて安心感もあります。カラーはホワイトやチャコールグレイ、ブルー、オレンジなど11色で価格は6s用が3800円(税抜)です。

デザインは同じで、素材にヨーロピアンレザーを使用した「iPhone 6sレザーケース」もあります。価格は6s用が5800円(税別)、6s Plus用が6500円(税別)。色はミッドナイトブルーやサドルブラウンなど5色。

筆者は、iPhoneのボディがしっかり見える透明で、サイズ感が変わらない薄くて丈夫なタイプが好きです。純正品ではありませんが、Amazonで人気の高いSpigenの「iPhone6S ケース リキッド・クリスタル アイフォン6/6S 対応 (国内正規品) クリスタル SGP11596」がよさげ。透明感が高く、ゴムのようなしなやかさと硬質プラスチックのような強靭さを併せもソフトTPUを採用。薄くてもしっかり保護してくれます。価格はAmazonで6s用1240円(税込)。


家やオフィスのデスク上に置くとき、利用したいのが充電ドック。Apple純正の「iPhone Lightning Dock」は新色のローズゴールドも含めたiPhone 6sと同じ4色を用意。Lightning端子だけが突き出たシンプルなデザインで、充電もPCとの同期も可能で外部スピーカー用のステレオミニプラグも装備されています。価格は5800円(税別)。


充電といえば、必須品のLightningケーブル。オウルテックの「ケーブルバンド付スクウェアフラットLightningケーブル」は、柔らかくて絡みにくい厚さ2mmのフラットケーブルを採用。コネクタ部分にケーブルバンドが付いており収納にも便利なケーブルです。USB端子は両挿し対応で装着時に迷わない仕様です。20cm、70cm、1.5m、2mの4つの長さがあり、色は各ブラック、ホワイト、ピンクの3色。価格は20cmが2130円前後(税込)。



モバイルバッテリーは持ち運びに便利で極力大容量が欲しい。cheero「Power Plus 3 mini」は手のひらサイズのコンパクトさで、容量は6700mAh/3.6V。従来の「Power Plus 2 mini」より容量が700mAh多くなりましたが、重さは30gも軽い130gになっています。iPhone 6sを2回+αの充電できます。価格は1980円(税込)



最後に、よりいい音で聞くためのインナーイヤーヘッドフォンBeatsの「urBeats」。Beatsは昨年Appleが買収したヘッドホンや音楽配信を手掛けるメーカーで、ヘッドフォンはデザインも音質も優れた製品を創り出しています。この製品は、削り出しの金属製ハウジングにより、無駄な振動を排除。専用ドライバーにより深い低域とクリアな中域、軽やかな高域を実現。内蔵マイクを装備し、ハンズフリー東和もできます。リモコンによる操作も可能で、価格は1万200円 (税別)です。

以上、筆者の好みを交えてアクセサリを紹介しましたが、iPhone 6s、iPhone 6s Plusと同時に買うアクセサリをどれにしようか、迷うのも楽しい時間ですよね。

Source: Apple
関連キーワード: iphone, iphone6s, iPhone6SPlus
335シェア
43
110
0
182

Sponsored Contents