Sponsored Contents

bluetoothの最新記事

Image credit:
Save

ソニーからハイレゾ対応Bluetoothオーディオ CAS-1。近距離・小音量でも臨場感ある小型セパレートタイプ、ヘッドホンアンプも内蔵

Chihiro Kawatsura
2015年9月29日, 午後04:19 in Bluetooth
94シェア
0
94,"likes":27
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


ソニーは10月17日、ハイレゾ対応のBluetoothコンパクトオーディオ「CAS-1」を発売します。デスクトップなど狭くなりがちなスペースでもハイレゾ音源をリアルに再現するとしています。また、ヘッドホンやBluetooth接続時でも高音質で音楽を楽しめる工夫が盛り込まれています。価格はオープンで、市場推定価格は8万円(税別)。

Gallery: CAS-1/製品画像 | 8 Photos

8

「CAS-1」はハイレゾ音源の再生が可能な2つのスピーカーと本体で構成したセパレートタイプのBluetooth対応コンパクトオーディオです。机の上に設置して使うことを想定しており、ユーザーとスピーカーの間が75cm~200cm程度離れた場所で最適に聴けるように設計されています。

本体のアンプはスピーカー用のフルデジタルアンプ「S-Master HX」を改良したものに加え、ヘッドホン利用に最適化した専用のアンプも別途搭載しています。このヘッドホンアンプには同社のポータブルヘッドホンアンプ「PHA-2」に採用された高性能な回路などが採用されています。

また、小さい音量でも元の音源に近い音質で再生する「ローボリュームモード」および「パルスハイトボリューム」機能も搭載。集合住宅や夜間など、音の出しにくい環境でも良い音を楽しめるとしています。

PCやスマートフォンとUSB接続することで、192kHz/24bitのWAV/FLAC/AIFF/ALACファイルと、リニアPCM変換して2.8MHzのDSDファイルのハイレゾ音源の再生に対応。さらに、MP3などの圧縮音源も最大192kHz/24bitまでアップスケーリングする技術「DSEE HX」もサポートしています。

Bluetooth接続時では、SBC/AACだけでなくソニーが独自開発したコーデックLDAC(エルダック)に対応しているのも特徴です。A2DPのSBC(328kbps、44.1kHz時)に比べ約3倍もの情報伝送量を有し、ワイヤレスでも高音質のサウンドを再生できます。

そのほかにも、デスクトップで利用することを考慮し、机の天板に音が反射しにくくなるようにスピーカーの角度を仰角8度に設定できるスピーカー用スパイクや、不要な振動を抑える5mm厚のスチール製スピーカーベースも同梱しています。

スピーカー部はそれぞれ直径62mmコーン型ウーファーと、直径14mmソフトドームトゥイーターを搭載。1本の大きさは約95mm×約178mm×約172mm、重さは約1.5kg。周波数帯域は60Hz~50,000Hz、最大出力は24W+24W。本体は約55mm×約178mm×約210mm、重さは約1.3kg。10月17日発売予定です。

Gallery: CAS-1/製品画像 | 8 Photos

8



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: ソニー
関連キーワード: bluetooth, CAS-1, SONY
94シェア
0
94,"likes":27
0

Sponsored Contents