Sponsored Contents

aquaの最新記事

Image credit:

『スター・ウォーズ』R2-D2型の自走式冷蔵庫が12月発売。本日より予約受付開始(動画)

Shingi Hashimoto
2015年10月29日, 午前11:15 in Aqua
3949 シェア
3399
438
15
22
75

注目記事

人気記事

アマゾンがKindle半額セール実施。プライムなら新Kindleが6割引3480円、Paperwhiteが5割引6980円など

アマゾンがKindle半額セール実施。プライムなら新Kindleが6割引3480円、Paperwhiteが5割引6980円など

View


2015年6月にサプライズ公開された、AQUA (ハイアール・アジア) のR2-D2型移動式冷蔵庫がついに発売となります。予約は10月29日、つまり本日から。価格は99万8000円(税別)。



移動式という他の冷蔵庫にない言葉が出てきているのは、リモコン操作で本当に自走するため。大きさなどは、スター・ウォーズの劇中設定をそのまま引き継ぐ「等身大」です。また頭部には劇中さながらのプロジェクターを搭載。AndroidスマートフォンからWi-Fi経由で映像などを投射できます。

プレビューされたのは先述のように6月ですが、10月29日に開催された発表会では量産が開始されたことを示すべく、3台のR2が並んで登場。来場者から喝采を浴びました。

Gallery: AQUA スター・ウォーズ関連製品発表会 | 39 Photos





冷蔵庫としては他に例のないであろう自走機能は、赤外線リモコン操作によるもの。前後と左右の4方向への移動が可能です。

最大速度は1km/hで、動力は内蔵の充電式バッテリー。満充電時には約2時間の走行が可能という仕様。もちろん、専用充電機も付属します。また、段差による転倒や落下を防ぐべく、段差センサーを前後に配置します。

また常時、劇中のR2のように、頭部の回転や効果音(セリフ)、LEDライトの点滅などによる感情表現を行います。もちろん、こうした動作はルーカスフィルムとディズニーの監修を受けて設定されており、リリースでは「音や光による演出で映画の世界を忠実に再現」するとアピールします。





実際の動きや速度に関しては、6月に公開された際の動画(上記)がわかりやすいでしょう。なお、当時の様子に関しては、発表当時の記事を参照ください。

スター・ウォーズR2-D2型の自走式冷蔵庫発表。サイズは実物大、2016年発売予定



本体サイズは650×620×950mm(幅×奥行×高さ)、重量は約55kg(本体のみ)。大きさはまさに設定通り大人の腰あたりまでですが、重量はかなりのものです。
重さに関しては、外装がABS樹脂、骨格はステンレスと亜鉛ダイキャストという、耐久性に配慮した素材を用いる点もポイント。冷蔵庫やモーターといった重量物を納めている点と合わせて、これだけの重量になっています。



冷蔵庫としての機能は、内容量は約6リットル、設定温度は約7±3℃(周囲気温25℃時)。基本的には「飲み物を持ってきてしてもらう」使い方が前提となっているため、内部の大きさなどは350ml缶×6本を前提とした設計です。



プロジェクター機能は設定通り頭部に搭載。Miracast対応のAndroid機と組み合わせることで、 デバイスに表示された映像を投影することができます(iOSは未対応)。

こちらの仕様は、パネルの解像度は1280×720ドット、コントラスト比は8万対1で、光源はレーザーダイオード、輝度は32ルーメンといったところ。ここはさすがに劇中のようにホログラムではないものの、雰囲気を大きく高めてくれる機能でしょう。





ハイアールアジアの伊藤嘉明社長は「これはスター・ウォーズファンでもある自分が欲しいから作った製品。実は実物大レプリカを購入しようと思ったことがあるが、1万5000ドルもするし、レプリカなので当然動かない。ならば、私たちがもっと凄いのを作ろうと思った」と発想の元を紹介。



また、原作設定へのこだわりとして、ライセンスの厳しいルーカスフィルムとディズニーの監修を受けている点に加え、背面や普段は隠れた箇所も含めて、各所のディテールなどはとにかく設定に忠実であるように造形した点などを語りました。



とくに塗装に関しては、燕三条にある塗装工と協議を重ね、専用の塗料配合を作成して行っているほどの徹底っぷりである点をアピールしています。また製造工程には手作業が入り、さらに日本国内製造である点も紹介。

合わせて完全受注販売、シリアルナンバー付きであるため、プレミアムアイテムとしての側面も持ちます。



さて6月当初の発表では、発売は2016年予定でしたが、今回の正式発表では2015年12月からの出荷開始に前倒しされています。これはもちろん、新作映画である『フォースの覚醒』の公開に合わせたため。

合わせてAQUAは原寸大のダース・ベイダーヘルメット型保冷器 (下記記事を参照ください)をはじめとする他製品も合わせた、スター・ウォーズ関連製品の特設サイトを用意。このあたりからも同社の気概を感じることができます。

ダース・ベイダーの生首型(?)保冷庫が本日より予約開始、劇中の形状や塗装を忠実に再現(動画)



伊藤社長は、「我々のテーマはワクワクする家電で日本を覚醒させること。私たちは変わり者と言われようがワクワクする製品を作っていく」と強くアピールしましたが、「A DREAM COMES TRUE」と銘打たれたR2型冷蔵庫は、同社のそうした姿勢を象徴するような製品と呼べそうです。

3949 シェア
3399
438
15
22
75

Sponsored Contents