Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

YouTube が 360度3DのVR動画に対応。ダンボール立体メガネ Cardboardで映像に没入

Ittousai, @Ittousai_ej
2015年11月6日, 午前07:14
147シェア
0
147
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


YouTube が360度3Dのバーチャルリアリティ(VR)ビデオに対応しました。Google の Cardboard など対応のVRゴーグルを使えば、まるで映像のなかに入りこんだように、360度全方向に奥行きのある仮想現実感が得られます。




Googleは視点を上下左右に動かせる360度全方位動画には以前から対応しており、スマートフォンなどのジャイロセンサを使い端末を動かしながら覗きこむように見ることはできました。

VR動画ではさらに画面の分割と対応ゴーグルで左右の眼に視差分ずれた別々の映像を見せることで、どの方向を見ても奥行きがある映像を楽しめます。



必要なのは Google Cardboard など対応のVRゴーグルと Androidスマートフォン。Android版のYouTubeアプリではVR動画にカードボードのアイコンが現れ、タップするとVRモードで視聴できます。VRモードに非対応の端末やブラウザなどでは、3Dではない360度全方位動画としてならば試聴可能です。

(Cardboardがなくても、VRモードにして画面より遠くに焦点をあわせるように平行法の裸眼立体視をすれば、いちおう奥行き感は得られます。が、レンズがないので意図したようには見えません。)



YouTubeの#360Videoチャンネルに掲載されたVR動画プレイリストはこちら。Googleの360度カメラアレイ Jump で撮影した世界の絶景や自然から、Avicii の Waiting for Love などVRミュージックビデオ、人気箱庭ゲーム Minecracft の動画など。VRに力を入れる各社の動画が揃っています。




同時に、VRではない従来の動画もすべてCardboardモードで見られるようになりました。こちらは映像が立体になったり後ろが見えるようになるわけではもちろんなく、Oculus Rift版 Netflix のように、VR空間に仮想の画面が浮かんだバーチャルシアター的なモードです。






「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: YouTube
147シェア
0
147
0
0

Sponsored Contents