Sponsored Contents

smartphoneの最新記事

Image credit:

1万円半ばのSIMフリースマホ、UPQ Phone A01実機レポ。速くはないが2台目として見れば普段使いは十分

Takahiro Koguchi
2015年11月6日, 午後05:30 in Smartphone
262 シェア
73
137
0
52

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事



秋葉原発の新興家電ブランド UPQ(アップキュー)は、税別1万4500円の格安SIMフリースマートフォン UPQ Phone A01 を9月に発売しました。1万円台半ばと低価格な本機種の使用感をレポートします。

Gallery: UPQ Phone A01インプレ | 15 Photos



UPQ Phone A01の主な仕様は以下のとおりです。

  • MediaTek MT6735 Cortex-A53 (4コア/1.5GHz)プロセッサ
  • 4.5インチFWVGA(854 x 480)液晶ディスプレイ
  • 1GBのRAM
  • 16GBの外部ストレージ (microSD 最大32GB)
  • IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0、GPS、FMラジオ
  • 1800mAhのバッテリー容量
  • Android 5.1 Lollipop
  • 本体サイズ:133 × 66 × 8.6 mm 重量:118 g

UPQ Phone A01の見た目はiPhoneによく似ています。筐体はプラスチック製で、持つと軽さに驚きます。背面はツルツルした質感で、手によく馴染む反面、べたつきも少し気になります。

液晶は4.5インチ FWVGA(854 x 480)解像度、画素密度は218ppiと決して高くはありません。肉眼でもドットの一つ一つを簡単に識別できます。WEB閲覧やメールの確認、地図を見る程度なら視認性に問題はありませんが、電子書籍をじっくり読むといった用途には向かない印象です。



いざ操作してみると、ホーム画面のスクロールは滑らかですが、WEBブラウザやSNS(Twitter / Facebook)の操作でも、スクロールの引っ掛かりやレスポンスの悪さを感じます。ただそれでも、遅くはあるが慣れれば問題なく使える、というレベルです。最近の3万円台端末ではこのあたりはサクサク動くことが多いので考えものですが、1万円半ばという価格を考えると許せてしまう、というレベルです。

カメラ画質をチェック

UPQ Phone A01は背面に500万画素 AF対応カメラ(フラッシュ付き)、フロントに200万画素カメラを搭載します。1万円半ばのスマートフォンのカメラがどんなものか興味をもたれる読者も多いはず。ということで、価格が約6倍のアップルの最新スマートフォン iPhone 6sと撮り比べてみました。

UPQ Phone A01で撮影 (時間と場所:お昼の大宮駅)


iPhone 6sで撮影(時間と場所:同上)


UPQ Phone A01で撮影(時間と場所:夜の居酒屋)


iPhone 6sで撮影(時間と場所:同上)


設定はすべてオートにして撮影しました。昼の屋外ではUPQ Phone A01でも綺麗な写真を撮影できました。一方、照度が低い屋内で料理を撮るシチューエーションには向かない印象です。




本体裏のカバーは取り外しが可能。外した中にデュアルSIMスロットを備えます(microSIM)。両スロットとも4G / 3Gに対応します。



USB/Wi-Fi/Bluetoothテザリングにも対応しているので、格安SIMを挿してモバイルルータとして運用するといった使い方もできます。



また、特筆したいのがFMラジオ機能です。ラジオはRadikoなどインターネット経由で聞くことも出来ますが、通信容量の規制が厳しい今日、データ通信を使わずに、FMの放送波を直接受信してラジオが聞けるのは便利です。なおイヤホンがアンテナを兼ねるため、単体での視聴はできません。

まとめ

​若干引っかかりのあるレスポンスや夜間のカメラ性能など、メインの端末として使うには力不足の印象が否めません。しかし、音声通話やメール、WEB閲覧、SNSなど、スマートフォンで使う一通りのことは問題なくこなせます。

また、キャリアが販売する端末は『実質◯◯円』をうたい、一見すると安いものの、端末代金と通信料金が一体化しており、実際の本体代金は高額な場合が多いです。例えばドコモのiPhone 6sの本体価格は9万円以上もします。その中において、一通りの機能をこなせる端末が、1万4500円で買えるというのは大きな意味を持ちます。メインとしては力不足にせよ、格安SIMを挿して安い2台目端末として運用したり、子供の初スマホに買い与えるといった具合に、低価格ゆえに用途がいろいろと広がる端末です。

UPQ Phone A01はUPQオンラインショップのほか、家電量販店などでも発売しています。

Source: UPQ
関連キーワード: smartphone, upq, UPQ Phone A01, ups phone
262 シェア
73
137
0
52

Sponsored Contents