Sponsored Contents

cultureの最新記事

Image credit:
Save

静かすぎる電気自動車は危険じゃないの? 米国で「EVをうるさくする法律」の施行が延期。各メーカーの対応に追加調整が必要との判断で

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年11月27日, 午後01:20 in Culture
115シェア
0
115,"likes":29
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

米国運輸省道路交通安全局(NHTSA) が11月末に施行予定だった、静かすぎる車の騒音を増大する法律の施行が2016年3月まで延期となりました。静かすぎる車とは、ハイブリッドカー(HV)や EV のことで、低速走行時にエンジン音が聞こえないことから、特に視覚障害者などが接近に気づくのが遅れて事故になるケースが増加しています。

HV が普及し始めた当初から問題になり始めたこの問題に対し、NHTSA は2011年から法制化の検討を開始、2013年に法案を提示して準備を進めてきました。


かつては問題視されていた自動車の騒音ですが、現在の自動車はたとえガソリンエンジンを搭載する車でも騒音が問題になることはほとんどありません。それでもやはり、低速走行中ではエンジン音が聞こえるものです。

一方、HV は低速になるとエンジンを停止しモーターに切り替えて走行するため、ほぼ音がしなくなります。ほとんどの人が騒音がなくなって結構なことだと思うであろう反面、視覚障害をもつ人々にとっては車の接近を感知しにくくなるという弊害がありました。

NHTSA は、HV や EV がガソリンエンジン車に比べて19%も視覚障害者との交通事故率が高いと報告しています。また自転車も背後から接近する HV や EV に気付かずに接触事故を起こすことが多いとされるため、施行によって歩行者と合わせて年間12万5000人もの怪我人をなくすことができるとしています。

施行予定の法律は HV/EV にくわえて SUV、バス、トラック、さらに2輪車も対象とし、18mph(約30km/h)で走行する時に歩行者などに対して接近音を発生させるというもの。
 

 
しかし、騒音として問題にならないようにしつつ、歩行者に警告音を発するというのは非常に難しいのか、各メーカーの開発は思うように進んではいない模様。しかも自動車メーカーは警告用のスピーカーを搭載するために全体で約2300万ドル(約28億円)のコストアップを飲まなければならないとも伝えられます。米国運輸省は延期の理由として「追加調整を要すると判断した」としています。

HV や EV の利点として必ずあげられるのがその静かさだったはずですが、静かであることがかえって問題になるというのはなんとも皮肉な話です。たとえば工場の出荷ラインや流通などで使用される自動搬送車は、作業員が接触しないよう電子音でメロディや警告音声を流すのが一般的ですが、公道を走る自動車もなんらかの音を発しながら走行しなければならなくなるわけです。


ちなみに日本においては2010年ごろよりHV/EVには車両接近通報装置が用意されはじめ、現在では多くの車が標準装備しています。この機能はオンがデフォルトで、車を始動してから手動でオフにできる仕組み。このためアフターマーケットではこれを自動でオフにする装置が売られていたりと、事情を知らない人にはわけのわからない状況になっています。



一方モータースポーツの分野では、エンジンの騒音が発生しないとアピールする電動フォーミュラカーレース フォーミュラE が人気を集めています。
また、65年の歴史を持つフォーミュラ1(F1)も2014年シーズンよりハイブリッド化を果たしエンジン音が小さくなりました。ところが F1 の場合は観客やテレビ視聴者、関係者から「迫力がなくなった」「つまらなくなった」「ブタのいびき(元F1ドライバー井上隆智穂氏)」「タイヤ付きミシン(F1運営のボス、バーニー・エクレストン氏)」などと酷評される事態となり、2016年からは各マシンに排気音を増大するパーツの取り付けを義務付けるという、こちらもなんだかなーと思わずにはいられない対応を強いられています。


あっても困る、なくても困ると言われる問題の解決にあたる技術者諸氏の奮闘には、頭が下がる思いです。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: Engadget
Source: Reuters
関連キーワード: culture, electriccars, ev, gear, nhtsa, transportation, usdot
115シェア
0
115,"likes":29
0

Sponsored Contents