Sponsored Contents

active noise cancellationの最新記事

Image credit:

ゼンハイザーがヘッドホン『MOMENTUM Wireless』12月16日発売。4マイクNC、Bluetooth対応、実売6万円

Munenori Taniguchi
2015年12月9日, 午後06:00 in Active Noise Cancellation
209 シェア
43
80
0
86

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事

ゼンハイザーが、ポータブルヘッドホンの人気機種 MOMENTUM シリーズに Bluetooth モデル「MOMENTUM Wireless」を追加しました。「ノイズガード」と名付けられたアクティブノイズキャンセル機能を搭載します。

Gallery: Sennheiser MOMENTUM Wireless | 8 Photos

ゼンハイザーといえば先月、約660万円の超弩級ヘッドホン & アンプセットOrpheus HE 1060 および HEV 1060 を発表してファンの度肝を抜いたばかりですが、MOMENTUM シリーズはわれわれ平民でも手の届くポータブルヘッドホンです。

MOMENTUMシリーズの特徴はそのデザイン。レトロな雰囲気を漂わせつつ、今風に折り畳み可能なヘッドバンドを備えます。カラーは落ち着いたブラックとアイボリーの2種類を揃えました。

 
MOMENTUM Wireless は、第2世代MOMENTUM の Bluetooth 搭載モデル。Bluetooth 4.0 に対応し、4つのピックアップマイクを利用したハイブリッドノイズキャンセリング機能「ノイズガード」を備え、周囲の騒音を最大25dB低減します。

ヘッドホンの操作は右側のハウジング側面にある物理ボタンで行います。また反対側には通話用のマイクが備えられています。

ヘッドホンとしての仕様は、密閉型のアラウンドイヤーハウジングにダイナミックドライバーを搭載。再生周波数帯域は16Hz~22kHz。感度は113dB、インピーダンスは480Ω(有線接続時は28Ω)。

Bluetooth は出力電波強度 Class 1 で、標準の SBC コーデックに加えて高音質低遅延な aptX コーデックを採用。対応プロファイルはHSP /HFP /AVRCP /A2DP /DIP。NFC をつかったペアリングが可能です。

バッテリーの持続時間は最大22時間。充電は約3時間で完了します。着脱式のケーブル(1.4m)も付属しており、バッテリー切れの場合や Bluetooth 非対応のプレーヤーでも有線ヘッドホンとして使うことができます。

重さは約256g。有線接続用ケーブルのほかに航空機用アダプター、キャリングケース、充電用の USB ケーブルが付属します。

MMENTUM Wireless の発売日は12月16日。価格は6万円前後。

209 シェア
43
80
0
86

Sponsored Contents