Sponsored Contents

cloudの最新記事

Image credit:

クラウド経由でドローンを操作する異例の実証実験、国際医療福祉専門学校の敷地内で実施

Chihiro Kawatsura
2015年12月10日, 午後05:00 in Cloud
227 シェア
103
74
0
50

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

折りたたみ二画面スマホ『M』発表。ドコモ主導で誕生したグローバル端末
5

折りたたみ二画面スマホ『M』発表。ドコモ主導で誕生したグローバル端末

View

国際医療福祉専門学校ドローン有効活用研究所は12月10日、災害・救助を使用目的としたドローンをクラウド上から遠隔操作するという実証実験を行ないます。

実験には、PaaSソリューションやロボット開発などを展開するリアルグローブ社が開発した、クラウド制御システム『SUGOS』を採用。インターネット接続でドローンやロボットなどを遠隔操作できるシステムで、理論上、インターネットがつながれば地球の裏側でも操作可能とのこと。

Gallery: 国際医療福祉専門学校 | 1 Photos

1


実証実験の内容は、千葉の国際医療福祉専門学校にあるアレルギー治療薬を積んだドローンを、50km離れた東京大学内のリアルグローブ社からコントロールするというもの。ドローンを人間が直接操作しない形で医療物資をクラウド経由で輸送する試みはきわめて異例。

国際医療福祉専門学校ドローン有効活用研究所は、『SUGOS』の制御機能を発展させると、救護者の発見や119番通報からの迅速なドローンの出動など、公的な緊急通報サービスの質の向上に寄与できるとしています。そのほか、有害物質などで立ち入れない地点にドローンを出動させるといった、消防職員の二次災害の低減にも活用できるとしています。

はっきりとしたルールがなかったゆえに悪用された事例ばかりが目立ってしまっていたドローンですが、災害救助をサポートする機器として活躍するようになれば、世間のイメージが変わるかもしれません。また、改正航空法の施行によって、ドローンが飛ばせる/飛ばせない状況のガイドラインも設定されつつあり、ドローン本格活用に向けて、外堀は確実に埋まってきています。


関連キーワード: cloud, drone, SUGOS
227 シェア
103
74
0
50

Sponsored Contents