Sponsored Contents

CESの最新記事

Image credit:

ソニー、アナログ盤をハイレゾ録音できるターンテーブルPS-HX500発表。DSD形式で取り込み、編集ソフトも無償提供

Munenori Taniguchi
2016年1月6日, 午後02:00 in Ces
3880 シェア
3347
359
18
23
133

注目記事

人気記事


米ラスベガスで開催の CES 2016 より。ソニーがアナログレコードをハイレゾ音源にデジタル変換するターンテーブル「PS-HX500」を発表しました。ここ数年復活を遂げつつあるアナログレコードの音を、PCM 192kHz/24bit もしくは DSD 5.6MHz でデジタル化します。

PS-HX500 はただレコードを再生するだけではなく、無料で提供する PC ソフト「Hi-Res Audio Recorder」を使って USB 経由で PC に保存、編集が可能です。大きな特徴は一般的な 44kHz/16bit の CD 音質ではな く、PCM 方式ならば192kHz/24bit の WAV 形式で、DSD 方式なら 5.6MHz のハイレゾ音源として保存できるところ。

また PS-HX500 はトーンアームを新設計。ストレートタイプのアームで、普通に再生する場合でも、デジタル変換する場合でも高品質な再生が可能になったとしています。全面には誇らしげにハイレゾロゴマークも掲げています。

Sony Redefines the Turntable Category by Introducing Hi-Res Audio Capability (PRNewsFoto/Sony Electronics)
アナログレコードを高品質にデジタル化するには、プレーヤーに加えてフォノイコライザー、PC に取り込むためのオーディオインターフェース製品などを個別に揃える必要があります。しかし、PS-HX500 の場合はこれらの機能をすべて内蔵しており、これ1台と PC があればすぐに作業に取りかかれます。もちろんトーンアームやカートリッジの針圧の調整などは必要ですが、個別に機器を接続し、調整する手間は大幅に削減できるはずです。



なお、いくらプレーヤーがいい音を再現できると言っても、レコードの盤面が傷んでいたり、元の録音やマスタリングが悪ければそれ以上に良い音は引き出せないことは理解しておく必要があります。

PS-HX500 の発売時期は春頃。価格は400ポンド前後(約7万円)の見込み。

ちなみに、ターンテーブルのもう一つの使い方が DJ プレイ。CES 2016 ではテクニクスが、DJ たちに人気ながら途絶えていた名機 SL-1200 の復活モデル SL-1200G を発表しています。さらに、より高品質パーツを採用したテクニクス50周年記念モデル SL-1200GAE も1200台限定で生産することが明らかになりました。SL-1200GAEは2016年夏頃、SL-1200Gは2016年終盤での発売を予定しており、価格はまだ決まっていません。
 


Technics SL-1200G

3880 シェア
3347
359
18
23
133

Sponsored Contents