最新記事

Image credit:

『ハーフライフ』脚本のレイドローがValveを退社。Half-Life 3はどうなる?

Ittousai , @Ittousai_ej
2016年1月10日, 午前05:45
180 シェア
29
93
9
1
48

注目記事

人気記事



人気ゲーム Half-Life シリーズの脚本やレベルデザインを手がけたマーク・レイドロー氏が、Valveを退社していたことが分かりました。


マーク・レイドロー (Marc Laidlaw)氏は1960年生まれ。80年代から90年代にかけては法律事務所で働きながらSF小説を発表し、長編2本といくつかの短編は邦訳もされました。

(長編は良きアメリカの父親たらんとする主人公がテクノロジーに翻弄される『パパの原発 / Dad's Nuke』、日本のPCゲーム Gadget の小説版『ザ・サード・フォース』。短編はスターリングのMirrorshadesに収録された『ガキは分かっちゃいない / 400 Boys』、ラッカーとの共著『確率パイプライン / Probability Pipeline』など)

レイドローはゲーム Myst に心酔したことから、シナジー幾何学(※会社名)のゲームGadgetのノベライズを手掛けるなどゲーム業界に近くなり、当時創業したばかりの Valve に入社して第一作 Half-Life のストーリーや脚本、レベルデザインなどを担当しました。以降もValveに18年在籍し、ハーフライフのエクスパンション作品や続編 Half-Life 2、Half-Life 2: Episode One, 2 などを手がけます。


レイドローがファンとのメールで明かした退社のきっかけは、「複数の個人的な理由。外向きに分かりやすいのは年齢」。Valveに参加した時は周囲より年上の37歳で、若い同僚には「レイドローのおっさん」と呼ばれるほどだったが、その同僚もいまや当時の自分より年上になった、最近はゲーム開発という「協業のカオス」を一休みしたいと感じるようになっていた、と語っています。

「ゲーム開発はすばらしい学びの場であり、思いもよらない天職だった」と語るレイドローは、将来的にもゲームに関わらないと決めたわけではないものの、今後は個人として執筆生活に戻るとのこと。なお、マイクロソフトを退職してValveを創業した現代表、ゲイブことGabe Newellはレイドローより2つ年下の1962年生まれ(53歳)。


さて、ここでシリーズのファンが気になるのは、レイドローの退社が Half-Life の新作、ハーフライフ3またはEpisode 3 に影響があるのかどうか。シリーズ作品は2007年にHalf-Life: Episode Two がリリースされて以来、数か月で出るはずだったHalf-Life 2:エピソード3もリリースされておらず、ナンバリングのHalf-Life 3は発表もされていません。これについてレイドローは、自分はもはやValveの従業員でも広報担当でもなく、会社の決定を知る立場にも語る立場にもない、と完全にノーコメント。

ハーフライフの新作については、完全に出ないと明言されたことこそないものの、開発が進行しているのか、予定はあるのかについて関係者は一様に口を閉ざしています。昨年のGameslice によるインタビューでGabe Newellは「そうしたクラシックな作品を今後リリースするとしたら、社内の大勢の人間が意欲を示したうえで、かつ会社としてそれを正当化する説明ができるとき」と語っていました。


(無関係な過去ニュース『LHCでゴードン・フリーマン博士目撃』より。レイドロー氏ではありません)


1980年代に若き日のマーク・レイドローが執筆した短編『プラグ・イン ヨセミテ』(長編『パパの原発』の一部)は、テクノロジーで変わってゆく近未来の米国を舞台に、古きよきアメリカン・ファミリーをなんとか維持しようと奮戦する父親が、一家を自動車に乗せてヘッドマウントディスプレイを着けさせ、仮想ヨセミテ国立公園へのバーチャル家族旅行を試みるという、滑稽ながらどこか哀感を漂わせる物語でした。



作中の近未来が現実になったいま、Valve は独自のバーチャルリアリティプラットフォームを開発し、ハードウェアパートナーのHTCからはVRヘッドセットHTC Vive がまもなく発売を迎えようとしています。

HL3は本当に発売されてしまった Duke Nukem Forever の地位を継いで「根強いファンがいるけれど永遠に出ない作品」の代名詞になった感がありますが、Valveが自社VRゲームの起爆剤として、VR専用Half-Life 3を温存しているからノーコメントなのだ、と信じることはできます。

[トップ写真は Thinkgeek.comの『Half-Lifeヘッドクラブ帽子』。レイドロー氏ではありません。]


Source: Gamasutra
180 シェア
29
93
9
1
48