EPSON
エプソンは、2年分、11,300ページを印刷可能なインクを同梱したプリンター3機種を発表しました。
A4カラー複合機の「EW-M660FT」、A4モノクロ複合機「PX-M160T」、A4モノクロプリンター「PX-S160T」の3機種で、2016年2月4日から発売します。

2年分の定義は、ひと月あたり300ページのプリント、11,300ページ以上の印刷が可能としています。

EPSON

すべての写真を見る

124 枚


EPSON

エプソンが行ったユーザー調査によると、「使いたい時に、消耗品が無くなる(消耗品切れに対する不安)」、「いざという時に消耗品を交換しなくてはならないのがストレス(消耗品の交換に対する手間への不満)」といった、「ランニングコストが高すぎる(印刷コストへの不満)」などの不満点が明らか。それがプリントをせずに済ませてしまう機会の増加に繋がった分析しています。

EPSON

一方で、エプソンでは2010年よりインドネシアなどの新興国において、『エコタンク』搭載プリンターを発売。インクをたくさん貯蔵でき、1度の補充で長く使える特徴を持ちます。2014年からは西欧諸国でも発売し好評を得たとしています。

印刷コストや消耗品交換の手間に、新興国では大容量のタンク式に改造(社外インクを使用)するなどの方法がとられたのに対して、日本では印刷そのものをしなくなるという結果は大変興味深いです。

EPSON
EPSON

そんな不安や不満に対する回答として日本国内でも大容量のエコタンクを採用したモデル3機種を投入。交換用インクを2セット同梱する事で、11,000枚以上の印刷(月に300枚印刷したとして2年分)をインクの追加購入無しで行えるとしています。

EPSON

A4カラー複合機の「EW-M660FT」は、ファミリーやSOHOなど多種多様な印刷を気兼ねなく行いたいニーズに対応します。ビジネス文書だけでなく、店頭POPやハガキ、印画紙への写真印刷、Webページ(レシピや地図など)の印刷まで、幅広く対応するほか、ADFを備え自動両面印刷にも対応したコピー、スキャン、FAXなど全方位のニーズに対応しています。

EPSON

A4モノクロ複合機「PX-M160T」、A4モノクロプリンター「PX-S160T」は、オフィスのモノクロレーザー複合機、プリンターのリプレイスとしての提案で、圧倒的なコストパフォーマンスを提供します。

EPSON
「PX-M160T」では、インク残量の確認が行えます。インクが切れる前に注ぎ足し補充した場合、インク残量を更新する事で、正確な残量確認がおこなえるとしています。全機種とも本体横のインクタンクを目視で確認する事で残量確認が行えます。
EPSON
長期間使用しなかった場合のインクの詰まりに関しては、3ヶ月ほど使用していない場合、タンクからヘッドまでの間に残留しているインクを排出してクリーニングする機構を備えているという事です。廃インクのタンクに関しても、5年以上使用したとしてもまだ余裕があるとしています。

EPSON
エプソンをはじめ、プリンターメーカーでは、プリンター本体を安価に提供する一方で、高価なインクカートリッジなどの消耗品で利益を得る構造が主流でした。しかし、今回エプソンでは、プリントボリュームの多いユーザ向けに製品単価は高いものの消耗品のコストをおさえたラインナップを投入し、ヘビーユーザーのニーズに応えるとともに、気軽に印刷してもらえる環境を提供しました。

EPSON
その一環として、印刷頻度の高いハイアマチュア向けのA3フォトプリンター「EP-10VA」の価格を改定。6色インクセットの価格が1月13日納品分より約半額になる一方で、本体価格を3月1日納品分より59,980円に値上げするとしています。

一方で従来ラインナップも継続して提供し、こちらのインク価格は為替や原価の上昇を鑑みて平均約6%の値上げとなるとしています。
EPSON、インク2年分同梱のプリンター発売。大容量『エコタンク』搭載、既存インクカートリッジは価格改定
広告

0 コメント

広告