EPSON

エプソンは、カラリオシリーズに新ラインナップを追加しました。多機能A4複合機の「EP-708A」およびベーシックモデルの「PX-048A」そして、スマホからもシールやラベル写真など多彩な印刷が出来るコンパクトモデル「PF-71」の3機種をラインナップします。

EPSON

すべての写真を見る

124 枚


EPSON

エプソンは、低コスト印刷のニーズ向けにエコタンク搭載プリンターシリーズ、プリントボリュームの多いハイエンドユーザ向けに『V-edition』を設ける一方で、従来ラインナップにも新機種を投入します。

「EP-708A」は、6色染料インクを使用し、高画質な写真印刷やCDラベル印刷に対応するなど多機能なのが特徴で、Apple Airprintにも対応します。「PX-048A」は、4色顔料インクを使用し、ハガキや文書印刷などに適しています。

EPSON

「PF-71」は、A5サイズまで対応した4色インクモデルで、ハガキや写真、名刺やラベル印刷などに対応します。シールやロール紙など多彩な用紙が用意されており、PCレスで様々な印刷ができます。今回新たに「両面名刺用紙〈半光沢〉」が追加され、両面印刷の名刺、カードを簡単に作成できます。

EPSON

「PF-71」には、「Epson マルチロールプリント」「Epson Creative Print」といったスマホアプリが用意されており、フレームデザインなどのコンテンツも大幅に増えています。プリンターとの接続はUSBの他にWi-Fiにも対応しており、Apple AirPrintにも対応します。

EPSON

実際の操作手順や使用感は以下の動画をご覧ください。



なお、今回リリースされた全ての機種で、EPSON iPrintによるスマートフォンからの印刷に対応します。
広告

0 コメント

広告