ソニーは、4Kハンディカム2機種『FDR-AX55/AX40』を2月19日、HDハンディカム3機種『HDR-PJ675/CX675/CX485』を1月22日に発売します。市場推定価格は、『FDR-AX55』が14万円(税別、以下同)前後、『FDR-AX40』が12万円前後、『HDR-PJ675』が8万円前後、『HDR-CX675』が7万円前後、『HDR-CX485』が6万円前後。

今回発売する5機種は、すべてが高速かつ高精度なフォーカスを実現する「ファストインテリジェントAF」を搭載。また、HD画質での撮影時に従来機比最大15倍の手ブレ補正を行う「インテリジェントアクティブモード」も新たに追加しました。

ソニー ハンディカム 2016年版5モデル

すべての写真を見る

33 枚


『FDR-AX55/AX40』は、最大広角26.8mmの光学20倍、ツァイス製レンズを採用した4K/30p撮影対応ハンディカム。新開発の高感度イメージセンサー、空間光学手ブレ補正機能を搭載しています。5方向から集音できる新構造マイクも備え、画質・音質ともにハイクオリティな映像を撮影可能です。



ハンディカムに初めて採用される「ファストインテリジェントAF」は、同社のデジタル一眼カメラ「α7S II」などで使われているフォーカス機能です。ピントのズレを把握するソニーの独自技術「空間被写体検出」を活用し、ズームしたり、カメラの向きを変えた際でも高速・高精度にピントを合わせます。



フルHD画質では120fpsのハイフレームレートで映像を記録可能。専用ソフト「PlayMemories Home」上で編集することで、なめらかで高画質なスローモーション映像を楽しめます。

撮影した4K映像の再生時には、タッチパネルで選択した部分をアップしてフルHD再生できる「トリミング再生」機能も用意。さらに、映像から高精細な4K静止画を切り出し、決定的な瞬間を画像でも保存できます。4K映像をフルHD映像にダウンコンバートして再生する「4KサンプリングフルHD再生」機能も備え、撮影した4K映像をフルHDテレビでも鑑賞可能です。

2機種ともに内蔵メモリは64GB。それぞれの機種の主な違いとしては、AX55のみが電子ビューファインダーと、レンズ周辺の設定用コントロールリングを搭載し、ナイトショットモードも備えます。

本体重量は、『FDR-AX55』が約535g、『FDR-AX40』が約510g。本体カラーは、『FDR-AX55』がブラックのみ、『FDR-AX40』がブラックとブロンズブラウンの2色。


一方、『HDR-PJ675/CX675/CX485』は、最大26.8mmの広角レンズを搭載したHDハンディカム。5.1chマイクによる臨場感ある音声記録に対応し、被写体の声や周辺の音はそのまま、撮影者の声を抑えて録音する「マイボイスキャンセリング」機能も搭載します。

本体カラーは、プロジェクター内蔵モデル『HDR-PJ675』がボルドーブラウン、ホワイトの2色、ベーシックモデル『HDR-CX675』がブラック、ボルドーブラウン、ピンク、ホワイトの4色、小型軽量モデル『HDR-CX485』がブラック、ホワイトの2色。

CX675と485の違いは、主にレンズと手ブレ補正。CX675がツァイス製バリオ・テッサーブランドのレンズおよび効果の大きい空間光学式手ブレ補正、CX485がソニーGレンズと光学式手ブレ補正となります。




5機種すべてがWi-Fi/NFC機能を搭載し、スマートフォンやタブレットと接続可能。専用アプリを用いたリモート操作やコンテンツ転送に対応します。

そのほか、共通機能として、PlayMemories Homeと連携させた「タイムラプス撮影」や、高画質動画とMP4動画を同時に撮影する「同時ビデオ記録」を用意。撮影映像から自動でBGM付きのショートムービを作成してくれる「ハイライトムービーメーカー」機能も備えます。

購入時は、話題の4Kモデルと依然として人気のあるフルHDモデルで迷うことになりそうです。美しい画質を追求するなら4K、出費を抑えたいならHDと、考えが分かれるところでしょう。
ソニー、ピントを高速・高精度で合わせる「ファストインテリジェントAF」搭載ハンディカムを発売。4Kモデル2種とHDモデル3種を用意
広告

0 コメント

広告