Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

マルウェア『Brain Test』混入アプリ、Google Playに再度出現。現在アプリは削除済み

Yusuke Fujinawa
2016年1月19日, 午後01:45 in Android
106シェア
0
106
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

セキュリティソリューションのLookout社は、マルウェア『Brain Test』がGoogle Play上の13のアプリに混入していたことを発見し、同社ブログにて発表しました。

『Brain Test』が混入したアプリをダウンロードすると、裏で同じ製作者が公開したほかの悪意あるアプリをダウンロードする、高評価のレビューを残すといった設計がされています。指定したアプリのダウンロード数を水増しできるため、アプリのインストールを確実に実行するサービスとして開発者に販売しているとのこと。

また、一部の亜種はルート化権限の取得を試み、ルート化しているデバイスでは出荷時の状態にリセットしても削除できないという悪質な機能も備わっています。1月19日現在、混入した該当するアプリはすべてGoogle Play上から削除されています。

『Brain Test』は、Lookout社が2015年10月に発見したマルウェア。報告を受けたGoogleが一度該当アプリを削除しましたが、同社がさらなる調査を進めたところ、2015年12月にまだ『Brain Test』系統のマルウェアアプリが存在することを確認したそうです。発見したアプリは13件、すべて同じ開発者によるものだとしています。同社は発見後Googleへ報告し、直ちにGoogle Playから削除されました。

今回Google Playから削除されたアプリは以下の通り(カッコ内はパッケージID)。

Cake Blast(com.zhtt.cakeblast)
Jump Planet(com.galaxy.jumpplanet)
Honey Comb(com.sweet.honeycomb)
Crazy Block(com.crazy.block)
Crazy Jelly(com.crazy.sugar)
Tiny Puzzle(com.dot.tinypuzzle)
Ninja Hook(com.sunshine.ninja)
Piggy Jump(com.stupid.piggyjump)
Just Fire(com.tomtom.justfire)
Eat Bubble(com.fine.eatbubble)
Hit Planet(com.smile.hitplanet)
Cake Tower(com.beautiful.caketower)
Drag Box(com.block.dragbox)

『Brain Test』混入アプリには、ダウンロード件数が10万件、平均スコアは星4つ以上を獲得したものもあったと、同社は発表しています。アプリのクオリティや評価が高いから安全、マルウェアが仕込まれていない、とは限らない事例と言えます。同社のセキュリティアプリはこうしたマルウェアの保護に役立つとしており、Androidデバイスと言えど、ウィルス対策の導入は必須な時代になってきています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Lookout
関連キーワード: android, braintest, GooglePlay, lookout, security
106シェア
0
106
0

Sponsored Contents