Japan Autoblog Logo

Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

日産、ネコの命を救う #猫バンバン プロジェクト発足。乗る前にボンネットを叩いて逃がす習慣を呼びかけ

Autoblog Japan Staff
2016年1月28日, 午前05:00 in Neko Banban
2812シェア
1186
1517
0
109

連載

注目記事

人気記事

ポケモンGO、次はミニリュウ乱獲チャンス。2月24日(土)正午から第二回コミュニティ・デイ実施

ポケモンGO、次はミニリュウ乱獲チャンス。2月24日(土)正午から第二回コミュニティ・デイ実施

Ittousai, 4 時間前
View
Android 8.1、WiFi接続前に速度が分かる新機能追加。「遅い」から「非常に速い」まで4段階

Android 8.1、WiFi接続前に速度が分かる新機能追加。「遅い」から「非常に速い」まで4段階

Kiyoshi Tane, 7 時間前
View
<日産HPより>

日産が『#猫バンバン プロジェクト』の特設ページをオープンした。冬季に車のエンジンルームやタイヤの隙間で暖をとる猫に気づかず発進してしまう事故を防ぐため、乗る前に軽くボンネットを叩き逃がす習慣を呼びかけるプロジェクトだ。


この活動は2015年11月19日に日産公式Twitterが「#猫バンバン」を発信して以来、SNS上で多くの反響があったもの。Twitter投稿では「7930リツイート、2649いいね」、Facebook投稿では「2万5255いいね!、1万851シェア、710コメント」を数えたという。

日産は事故が多発する冬にさらなる認知拡大を図るため、「#猫バンバン プロジェクト」と称して本格始動。1月26日より特設サイトをオープンした。

「#猫バンバン」とは、自動車の隙間に入ってしまった猫に、こちらの存在を気付かせるために、乗車前にボンネットをバンバンと軽く叩き、車体を揺らすアクションをさす。

毎年冬になると、寒さをしのぐために車のエンジンルームやタイヤの隙間に入った猫に気付かずエンジン始動をしたために、猫が犠牲になってしまうという事故が多発している。

日産では、そのような悲劇を少しでも減らすべく、乗車前には必ず猫がいないかを確認し、気配を感じたらエンジンルームを確認するよう呼びかけているという。
ちょっとした思いやりで救える命があることをより多くのドライバーに向け発信していくそうだ。

<日産HPより>

「#猫バンバンプロジェクト」サイトでは、このプロジェクトの周知のため、プロジェクトの概要を紹介している。

さらに、ユーザーから実際に届いた要望に応え「#猫バンバン」オリジナル マグネットステッカーを制作、特設サイトより配布の応募を受け付け(2月3日17:00まで)、抽選で100名への配布を予定している。

日産では、今後、特設サイトや日産自動車公式ソーシャルアカウント(FACEBOOK、Twitter)から、"冬はクルマに乗る前にボンネットをバンバン叩き、クルマにもぐりこんだ猫が逃げるようにする=猫バンバン" というアクションを促すメッセージを継続的に発信し、より多くの方にこのプロジェクトに賛同いただくよう活動を進めていくとのことだ。


■「#猫バンバン」プロジェクト概要

特別サイト「#猫バンバン プロジェクト」
・公開日:2016年1月26日(火)
・URL:http://www.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/

・公式SNS
Twitterアカウント _ https://twitter.com/NissanJP/
Facebookページ _ https://www.facebook.com/NissanJP


「#猫バンバン」オリジナルマグネットステッカー配布
・応募日程 :2016年1月26日 12:00~2月3日 17:00
・応募フォーム:上記特設サイトよりアクセス可能
・発表方法:商品の発送をもって発表


■日産 公式サイト
http://www.nissan.co.jp/

Source: 日産
関連キーワード: neko banban, Nissan
2812シェア
1186
1517
0
109

Sponsored Contents