Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

3万円半ばの『高コスパ』SIMフリースマホ GR5。フルHD液晶に指紋認証、スナドラ615搭載、ファーウェイから

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年1月28日, 午後03:00 in Android
459 シェア
96
138
13
15
197

注目記事

人気記事

スマホ用肌センサーを無償配布、カネボウが1月よりキャンペーン開始。専用アプリで肌のうるおい度をチェック
6

スマホ用肌センサーを無償配布、カネボウが1月よりキャンペーン開始。専用アプリで肌のうるおい度をチェック

View


ファーウェイは、高いコストパフォーマンスをうたうSIMフリースマートフォン HUAWEI GR5 を2月12日に発売します。5.5インチフルHD液晶にSnapdrgaon 615 オクタコアCPU、1300万画素、金属筐体を採用しながら、価格は税別3万4800円となっています。



基本仕様は、5.5インチ フルHD 1920 x 1080 IPS液晶、Snapdragon 615 オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GBのストレージ容量(microSDXC 128GB)など。

3万円台の端末というと、筐体にプラスチックを採用する場合が多いのですが、本機種ではメタルボディを採用し、価格の割に高級感のある外観となっています。さらに3000mAhという大容量バッテリーを搭載し、ファーウェイによれば平均的なユーザーで35時間、ヘビーユーザーでも約24時間、電池残量を気にせず使用可能としています。


またメインカメラには1300万画素、開口部F2.0の明るいレンズを搭載。食べ物の撮影に向く「フードビューティー」や「70mmマクロ撮影」「スローモーション撮影」に加えて、「コマ抜き撮影」など多彩な撮影モードを備えます。

またインカメラは500万画素、88°の広角レンズ。自撮り機能としては「パーフェクトセルフィモード」を搭載し、事前に自分の顔と好みのアレンジを登録しておけば、グループ撮影時にも綺麗な自分を演出できるとしています。

背面には指紋センサーを搭載。さらに指紋センサーを使ったジェスチャー操作にも対応しており、長押しでの電話の応答や、写真の撮影、上下スワイプでの通知エリア開閉などが可能です。

主な仕様は下記のとおりです






携帯キャリアによる販売奨励金の引き下げなどで端末価格の上昇が予想されます。携帯電話の購入は学生や4月からの新社会人にとっても痛い出費ですが、GR5のSnapdragon 615で2GB RAM、3000mAhバッテリーというスペックは、3Dゲームなどをしないのなら十分使えるスペック。メタルボディを採用した高級感のある外観も魅力的で、格安SIMと組み合わせて節約するのも良さそうです。

HUAWEI GR5が2月12日に発売予定。価格は税別3万4800円です。

関連キーワード: android, huawei, huawei gr5
459 シェア
96
138
13
15
197

Sponsored Contents