Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

液晶のドット抜けを直す? スマホやディスプレーの大敵「ドット抜け」を解消すべくイロイロ試してみました。(ウェブ情報実験室)

宮里圭介(Keisuke Miyasato)
2016年2月2日, 午後12:51
635シェア
103
188
0
344

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

ポケモンGO、伝説のポケモン『グラードン』出現。1月15日まで

ポケモンGO、伝説のポケモン『グラードン』出現。1月15日まで

Ittousai, 19 時間前
View

こんにちは、フリーライターの宮里です。

液晶ディスプレイやノートPCなどを買った時に、まずチェックしてしまうのが液晶のドット抜け。ドット落ちとか画素欠けなんかともいわれるもので、早い話が液晶に常時不点灯/点灯してしまうドットがある状態のことです。数ドット表示されない程度であれば実用上問題ないのですが、せっかく買った新品が傷モノだったかのような印象になるだけに、精神衛生上、あまりよろしくありません。このようなドット抜けがもしかしたら直るかも!?......という方法があったので、実際に試してみました。

この記事は、身近にある「疑問」や「不思議」を検証する『ウェブ情報実験室』です。

実験の目的

液晶ディスプレイのドット抜けが直る(もしくは緩和される)かを検証

動機

以前はドット抜けのある液晶はわりと見かけたもので、私が今まで購入した液晶搭載機でも、3台ほどドット抜けのある製品がありました。最近は製造技術の成熟などによってドット抜けそのものをあまり見かけなくなっていますが、それだけにドット抜け製品をつかんだときの「ハズレ」感が強くなっているように思います。

画像中央、青のドットが抜けているのがわかりますよね。


とはいえ、ある程度のドット抜けは不良品ではありません。例えばあるメーカーのノートPCについて仕様を見てみると、ドット抜けの割合は「0.00013%以下」となっていますし、また、別メーカーの液晶ディスプレイでも「有効ドット数の割合は99.9994%以上」といったような注釈がついています。試しにこの「99.9994%以上」から、フルHDの液晶でドット抜けの数がどのくらいまで許容されているか計算してみましょう。

フルHDのドット数(サブピクセル)=1920×1080×3(赤、緑、青の3色あるため)

1920×1080×3×(1-0.999994)=37.3248

つまり、37個までのドット抜けは不良ではないということになります。ドット抜けの許容数だけ見ると多く感じますが、全体に対する割合でいえばほんのわずかというわけです。また、フルHDを超える解像度になってくるとドットピッチが高くなり、多少ドット抜けがあっても気付かないことが多いです。

こうしたことをふまえて考えれば、購入した製品にドット抜けが数個あったとしても気になりませんよね。

......などと納得できるほど人間出来てないです、私。

もちろん理解はできますが、1ドットたりとも欠けていたらハズレをつかんだ気持ちでいっぱいになります。なので、オカルトだろうがなんだろうが、直るのであれば試してみたいと思うのは自然な流れといえるでしょう。

ということで、以前検索して気になっていた、こちらのページの情報を試してみることに。
簡単にいえば、チラチラするGIFアニメを表示しているとドット抜けが直るかもしれない、というもの。コメントを見ると実際に直っている人もいるようですし、試してみる価値はありそうです。

実験対象

今回使用したのは、iiyamaの『ProLite H540S』という製品で、2003年発売のもの。なぜこんな古いものを使ったかといえば理由は単純で、ドット抜けのある製品がこれしか見当たらなかったためです。最初試そうと思っていたノートPCにもドット抜けがあったはずなのですが、いつの間にかなくなっていたため、あわてて押し入れの奥から引っ張り出してきました。



問題となる部分は2カ所あり、ひとつは青が暗いドットがあるというもの。もうひとつは、常時点灯となるドットがあります。これらを拡大してみましょう。

青のドット抜け部分を拡大


青のサブピクセルが1つだけ、周囲よりやたらと暗いのがわかると思います。写真では薄暗く光っているように見えますが、黒を表示してみると周りと同じく光っていませんので、多少は反応があるようです。

常時点灯している部分を拡大


先ほどの青のドット抜けに対し、こちらは常に光って見えるドットの部分です。先ほどと大きく違うのは、よく見ると光が漏れているのがサブピクセルとなる赤、緑、青のドットではなく、妙に中途半端な位置になっていること。これだとドット抜けではなく別の問題、たとえば偏光フィルタの傷だとかホコリの混入だとか、そういったものを疑うべき問題かなと考えられます。とはいえ今回の実験では、これもドット抜けとして扱います。

以上、2つのドット抜けについて試してみようと思います。

実験方法

まずは実験の準備として、ドット抜けを探します。

今回使用したのは、ソフトのインストールなどが必要なくドット抜けを探せるこちらのWebページです。

「LCD repair v2.0」
http://www.flexcode.org/lcd2.html

Flashで作られていますので、対応するブラウザーさえあれば利用できるのが便利です。

探し方といっても単純明快。Green、Blue、Red、White、Blackの各ボタンを押すと画面が単色で表示されるので、その時に点灯しないドット、常時点灯しているドットを目で見て探していくだけです。ドットピッチが高くなるほど見つけるのが大変になりますので、ルーペを使う方がいいでしょう。「そもそもルーペまで使わないと見つけられないようなドット抜けなら気にするなよ」......などという考えが頭をよぎったりもしますが、気づかなかったことにしてひたすら探します。

無事に見つけられたら矢印などを書いた付箋を貼り、見失わないようにしておきましょう。




さて、ここで大前提となる液晶の動作について軽くおさらいしておきます。

液晶ディスプレイは電圧をかけて液晶分子を動かし、光を遮る(通す)ことで画面に表示しています。ドット抜けはこの液晶分子が何らかの理由で動かなくなってしまったもの......と考えられます。裏を返せば、この動かなくなった液晶分子が再び動いてくれるようになれば、ドット抜けが直るということですね。

ということで、以下の3つの実験を試してみることにしました。

<実験1>オン/オフを繰り返して修復を試みる
これは何かといえば、エンジンのかかりが悪くなった車に似てます。1回でエンジンがかからなければ何度も試すのと同じように、オン/オフを繰り返せば表示されるようになるのではないか、というものです。

とはいえ、液晶ディスプレイの電源をひたすらオン/オフし続けるのは現実的ではありませんし、そもそもドットへの影響がある前に、スイッチやバックライトが壊れてしまいそうです。そこで、ドットだけをオン/オフする方法、つまり、次々と表示する色を変える方法を試してみることにしました。

今回はドット抜けを探した時と同じ「LCD repair v2.0」を使った方法を試してみます

使い方は簡単で、「Fix My Screen」ボタンを押すだけ。目まぐるしく色の変わる画像が画面いっぱいに表示されますので、あとは数十分~数時間放置するだけです。



一部を拡大してみると、こんな感じの画像です。ドットの色が次々と変わり、砂嵐のような画像が表示されます。

なお、Flashが動かないスマホやタブレットの場合は、下記のWebサイトでも同じような画像を表示することができますので、こちらを試してみるといいでしょう。

「ytmnd.com」

http://killdeadpixel.ytmnd.com/


<実験2>物理的に力を加える
物理的といっても、グーパンチするわけではありません。

割れちゃうし。

とはいえ、当たらずとも遠からずといったもので、単純に指で押して圧迫してやるという方法です。実験1は回数をこなして自力でなんとかする方法ですが、こちらは外部から手を貸して動かす方法となります。心臓マッサージみたいなものでしょうか。理論的に意味があるかわかりませんが、イメージ的に効果がありそうだったので試してみることにしました。

なお、目的のドットを狙い撃ちしたいこともあり、今回は爪楊枝を使ってグリグリ押しています。



<実験3>熱を加えてみる
ドライヤーでドット抜けのある部分を加熱することで、なにか改善が見られるのではないかという実験です。電子機器は温度によって動作が変わることもありますので、やるだけやってみようかなと。正直、期待していません。


実験結果

今回の実験は結果がわかりやすいので、簡単に。

実験1の結果:変化なし
結局3日ほど続けてみましたが、ドット抜けが直ることはありませんでした。最初、明るくなったかとちょっと喜んだのですが、単純に撮影条件を間違えていて、明るく見えただけでした。



実験2の結果:変化なし
画面に傷が残るのではないかというほど強く押してみたり、連打してみたり、実験1の画像を表示しながら押したりもしてみましたが、効果なし。気持ち明るくなった印象もありましたが、背景を青から壁紙に変更してみたところ、そうでもありませんでした。



実験3の結果:変化なし
電源オフ時に加熱するだけでなく、実験1の画像を表示しながらの加熱、さらに実験2の加圧まで入れて複合的に試しましたが、とくに変化はありませんでした。青のドット抜けはもちろんですが、常時点灯の方も変化ありません。

結論

以上実験結果から、ドット抜けを直す方法の効果をまとめると、

ドット抜けは直らない

という悲しい結論になってしまいました。
とはいえ、あくまでこれはたった1台だけの結果です。さらに、今回試した液晶ディスプレイが10年モノということもあり、直るようなドットは既に直り、完全に死んでいるドットだけが残っていた......とも考えられます。

また、実験対象のところでも少しふれましたが、ドット抜けがあったはずのノートPCからドット抜けが消えていたというのも事実ですので、絶対に直らないというわけでもないでしょう

とくに実験1の方法はリスクも少ないですから、ぜひ試してみてください。ダメで元々ですから、やらない理由はないと思いますよ。(そして直ったら、こっそり教えてください)

635シェア
103
188
0
344

Sponsored Contents