AOL
iOS版の電子書籍アプリKindleがアップデートにより、iPadProのネイティブ解像度に対応しました。KindleコンテンツがiPad Proの大画面と高解像度に最適なスケールで表示されます。

AOL
iOS版Kindleアプリの最新バージョンは4.17。これまでiOS端末の最大解像度はiPad Air2の2048×1536ドットでしたが、iPad Proの2732×2048に拡張されました。

従来よりクリアな画質で漫画や写真集が楽しめるかといえばそうは問屋がおろさず、体感では見え方に差はありません。画面の解像度がどれだけ上がろうとも、そもそもソースの解像度が上がっていなければ表示に変化があるわけもなく、電子書籍の版元が対応してくれるのを待つ「今後の楽しみ」にとって置かれそうです。

AOL
今すぐ目に見える恩恵がないでもなく、ライブラリの「すべてのアイテム」一覧に表示されるコンテンツの数が「小型カラーボックス」から「本棚」程度には増えています。本のサムネールが猥雑なほど多くなっているため、読みたい本が見つけやすいかというと微妙ですが、「こんなにたくさん電子書籍を持っているぞ!」というコレクター欲の充足や「ライブラリの肌色面積がやけに多いな」という自分プロファイリングはしやすいかもしれません。

その他の新機能は

リフロー型テキストブックのフラッシュカード、ノートブックのエクスポート、向上したノートブックフィルター機能
リフロー型テキストブックで、フラッシュカード、Eメールへのノートブックのエクスポート、さらに豊かなノートブックフィルター機能(章単位のフィルターなど)が利用できるようになりました。


とのこと。リフロー型テキストブックとは拡大縮小に応じて文字のレイアウトが変わるタイプの(PDFやJpegとは異なる)電子書籍で、フラッシュカードとは調べた単語をまとめた単語帳、ノートブックとはハイライトした箇所のまとめ。いずれも、すでに電子ペーパー版のKindleでは実装されていた機能ですが、読書のメモ取りや英単語の学習には便利ですので、活用してみてはいかがでしょう。
iOS版のKindleアプリ、iPad Proのネイティブ解像度に対応。読書に便利な新機能も追加
広告

0 コメント

広告