昨年11月にシアトルに直営店舗を開いた米Amazonが、大規模な店舗展開の計画を練っている模様です。米Wall Street Journal などが報じたところによると、その規模は最大400店にものぼるとのこと。



米 Amazon は昨年11月、シアトルに初の直営書店を開店しました。この書店には書籍のほか、アマゾンが販売するKindle、Echo、Fire TV といったハードウェア製品なども展示・販売しています。この実店舗で販売する書籍は amazon.com での販売実績にもとづいて入荷、陳列され、注目の商品には amazon.com からのレビューなども掲示。さらに店舗スタッフの推奨書や、"ジェフ・ベゾス CEO おすすめの一冊" といったコーナーも設けられています。

米Wall Street Journalによると、Amazonの出店計画を語ったのはショッピングモールを展開する GGP グループの CEO サンディープ・マスラニ氏。マスラニ氏がどこからこの情報を得たのかは定かではありませんが、一部には米 Amazon の不動産担当者からの伝聞とする説も伝えられています。

ただ Amazon はシアトルの実店舗のほか、GGP とは別系列のショッピングモールにキオスクタイプのショップも出しています。それらを拡大する方向で全米のショッピングモールに実店舗を開くというシナリオは考えられなくもありません。そして、400店まで拡大したところで実店舗の入った建物の屋根が開き、そこから続々と配送ドローンが飛び立つようになると妄想すれば、なんとなく夢も膨らみそうです。


現在のところ米 Amazon および GPP 広報担当はこの件に関してコメントしていません。
米Amazon、全米に400店規模の実店舗展開を計画か。ショッピングモールCEOが漏らす。
広告

0 コメント

広告