Sponsored Contents

windowsの最新記事

Image credit:
Save

Windows10でタッチ操作を快適に使うなら「タブレットモード」を使うべき:Windows 10 Tips

小竹佑児(YUJI KOTAKE)
2016年2月5日, 午前06:30 in Windows
104シェア
0
104
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View



パソコンの操作といえば、これまではマウスとキーボードを使って行うスタイルが主流でしたが、タブレットや2in1タイプのパソコンが普及したことにより、指で画面に直接触れるタッチ操作も一般的になりました。

こうした動きに伴い、Windows 10でもタッチ操作を快適に行うための「タブレットモード」を新たに搭載、マウスとキーボードを使わなくても、指先ひとつで快適に操作できます。タッチ操作に対応したパソコンをタブレット感覚で使いたいときには大いに役立つ機能といえるでしょう。

Gallery: Windows 10 Tips | 9 Photos

9

アクションセンターから起動する

タブレットモードを起動するにはまず、「アクションセンター」を開きます。画面右下のタスクトレイで通知のアイコンをクリックしましょう。アクションセンターが開いたら、下部の「タブレットモード」をクリック。これでデスクトップからタブレットモードに切り替わります。


タスクトレイの通知アイコンをクリックしてアクションセンターが開き、下部の「タブレットモード」をクリック。


タブレットモードの基本操作

タブレットモードでは、デスクトップではなくスタート画面をメインで利用します。アプリタイルが常時表示されているので、目的のアプリを素早く起動できます。また、アプリはフルスクリーンで表示されるので、タッチ操作がしやすいのも特徴です。スタートメニューを表示するには、画面左上のメニューボタンをタップしましょう。

タブレットモードでは、アプリタイルが並ぶスタート画面が常時表示されます。

アプリを起動すると、フルスクリーンで表示されます。

左上のメニューアイコンをタップすると、スタートメニューが表示され、各種操作を行うことができます。


タブレットモードで2つのアプリを並べて表示するには?

2つのアプリを並べて利用したいときは、「スナップ」機能が便利。タブレットモードでは左右に画面を分割できます。アプリの上部を下に向かってスワイプすると、アプリを移動できるので、左右のいずれかにドラッグ&ドロップします。アプリを移動すると、もう一方の画面には動作中のアプリが表示されます。起動したいアプリを選ぶと、2つのアプリが1画面に分割して表示されます。2つのアプリの表示面積は、中央のバーを左右に動かすことで調整可能です。

アプリを起動して、画面上部を下方向にスワイプすると、アプリを左右のいずれかに移動できる状態に。


ドラッグ&ドロップでアプリを移動したら、もう一方の画面で起動するアプリを選択します。


2つのアプリが1画面に分割表示されました。中央のバーを左右にスワイプすると、表示面積を調整できます。


キーボードの脱着時に自動で切り替えられる機能も便利

マイクロソフトの「Surface」シリーズなど、着脱式のキーボードが利用できるパソコンでは、キーボードを脱着する際に、通常モードとタブレットモードを自動的に切り替える設定が可能です。「設定」アプリを起動し、「システム」 「タブレットモード」に進み、「デバイスがタブレットモードのオンとオフを自動的に切り替えるとき」を「確認せず、常に切り替える」を選択すると、脱着と同時にモードが自動的に切り替わります。


設定」を開き、「システム」 「タブレットモード」をタップ。「デバイスがタブレットモードのオンとオフを自動的に切り替えるとき」を「確認せず、常に切り替える」を選択します。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: windows, windows 10 tips, windows10
104シェア
0
104
0

Sponsored Contents