iPhoneとOSの土台が同じMacのOS Xでは、システム側の機能としてPDFを無料で作成することができます。実は、iOSでも同様に、PDFを作成して送ることが可能です。相手が自分のアプリを持っていない場合でも、PDFにすればほとんどの環境で、レイアウトを崩さずに読むことができます。 

PDF

すべての写真を見る

7 枚


OS Xの場合、PDFへの書き出しは「印刷」機能に対応していればどんなアプリからでも実行できましたが、iOSの場合はすべてのアプリから行えるわけではなく、システム標準のアプリの場合は「Safari」、「写真」、「Numbers」、「Pages」、「Keynote」になります。PDFへの書き出し方は2通りに別れるので、個別に説明しましょう。

まず「Safari」と「写真」ですが、これらのアプリで「共有」ボタンを押すと、共有アクションの中に「PDFをiBooksに保存」という項目が現れます。これを選択すると、「Safari」であれば表示中のウェブページが、「写真」であれば選択中の写真(複数選択可能)がPDFに書き出され、iBooksのライブラリに保存されます。


共有ボタンを押して「PDFをiBooksに保存」を選びます。PDFの作成時間はページのサイズにもよりますが、数秒程度です。


PDFの作成が完了するとiBooksが開き、中に今作られたPDFが保存されます。A4用紙サイズのPDFにコンテンツがいっぱいに広がって表示されるため、スマートフォン向けのレイアウトのページよりPC向けのぺージのほうがきれいに表示されます。

一方、「Numbers」や「Pages」など「iWorks」のほうですが、こちらは別形式として書き出すメニューが用意されており、この中でPDFとして保存します。

共有ボタンを押して「コピーを送信」を選びます。


PDFに変換したいファイルを選択します。


フォーマットを選択します。PDFのほかいくつかのファイル形式に書き出せます。


PDFをメールなどで送信するか、WebDAVなどを使って保存するかを選びます。なお、iCloud Diskに保存する場合は「送信」を選びます。

サードパーティ製アプリでは、IOS上でテキストなどからPDFを作成できるアプリもありますが、たいていは有料ですし、わざわざ新しいアプリを購入しなくても、インストール済みのアプリで処理できるのであれば、そちらを使ったほうが早いでしょう。パソコンユーザーとファイルをやり取りするときなど、覚えておいて損はないテクニックです。

iPhoneでKeynoteやNumbersアプリからPDFをつくって送信する方法:iPhone Tips
広告

0 コメント

広告