Windows 10のタスクバーの右側にある通知領域には、さまざまなシステムアイコンが表示されています。これらのアイコンでは、IMEの設定やアクションセンターの開閉、音量の調整などの各種操作をすばやく行うことができますが、なかにはほとんど使っていないものもあるでしょう。

不要なものを非表示にすることで、通知領域をすっきりさせることができます。今回は、システムアイコンの設定について解説します。

システムアイコンの表示設定を変更する

さっそくシステムアイコンの表示設定を変更してみましょう。まずは、スタートメニューを開いて「設定」をクリックします。「設定」画面が開いたら、「システム」を選択しましょう。次画面では、「通知と操作」を選択し、「システム アイコンのオン/オフ」をクリック。これでアイコンのオン/オフを切り替えるための画面が開きます。


スタートメニューで「設定」をクリックし、「設定」画面で「システム」を選択。


「システム」が開いたら、左側のメニューで「通知と操作」を選択し、「システム アイコンのオン/オフ」をクリックします。

「システム アイコンのオン/オフ」画面が開いたら、任意のアイコンの表示をオフにしましょう。ここでは「音量」と「ネットワーク」の2つをオフにしてみました。タスクバーの右端に表示されるシステムアイコンが減り、ややすっきりした印象になりました。逆に、システムアイコンを追加したい場合は、「オン」に切り替えましょう。


「システム アイコンのオン/オフ」画面で非表示にしたいシステムアイコンのスイッチをオフにします。


「設定」で「オフ」にしたアイコンが表示されなくなり、利用頻度が高いものだけを表示する設定にしました。

すべて非表示にすることも可能

システムアイコンの表示設定はここまでの操作で変更できますが、悩ましいのは何を非表示にするかではないでしょうか。個人的には、Windows 10で追加された「アクションセンター」も、さほど利用頻度が高くないようなら非表示にしてもいいかなと思います。また、時計などもひんぱんに目にするので必要性は高そうですが、画面のすっきりさを優先して、あえて非表示にするのもアリかもしれません。

細かいことを考えるのが面倒であれば、思い切ってすべてを非表示にすることもできます。すべてオフにすると下のような表示になり、見た目がすっきりします。タスクバーを右端いっぱいまで使えるので、タスクバーにアイコンをたくさん配置したい人にはおすすめできる設定です。


すべてのシステムアイコンを非表示にした状態。右端をクリックすると、隠れているインジケーターを表示できます。
Win10のシステムアイコンをスッキリ整理、タスクバーの通知領域をより使いやすくする秘訣:Windows 10 Tips
広告

0 コメント

広告