Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

『タブレット並み』4000mAhバッテリーを搭載するSIMフリースマホ Priori 3S LTEが発売、1万7800円

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI), @TKoguchi787
2016年2月12日, 午後03:30 in Android
141シェア
0
141
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


FREETELは、SIMフリースマートフォン Priori 3S LTE を発売しました。FREETEL eSHOP、ヨドバシカメラ、ビックカメラなど大手家電量販店を始めとする各販売店で取り扱います。

最大の特徴は、5インチ級ながら『タブレット並み』をうたう4000mAh大容量バッテリーを搭載する点。5インチ級では一般的に2000mAh前後、6インチ級でも多くは3000mAh台に留まる中、4000mAh級は7インチタブレット並みと呼べる、特筆すべき容量。同社は『5インチ史上最強のスタミナ』とアピールします。


本機の位置づけとしては、昨年11月に発売されたAndroid機のベーシックシリーズ「Priori 3 LTE」の上位モデルとなります。



Priori 3 LTEに比べるとバッテリー容量以外の基本性能も上がっており、画面サイズは4.5インチから5.0インチに、解像度は854 x 480から1280 x 720に大画面&高精細化。さらにメインメモリは2GB、ストレージ容量は16GBとそれぞれ2倍となっています。また、microSDカードスロット(公式では128GBまで対応)も装備しています。

またPriori 3 LTEでは2点タッチ対応でしたが、Priori 3S LTEでは5点タッチに対応。これにより、マルチタッチを必要とするアプリの操作の困難が解消されます。

本体サイズは縦長状態で、72×144×9.4mm(幅×高さ×厚さ)。重量は約161gと、厚さや重量では、大容量バッテリーの分不利に見えます。しかし実用性を損なうほどではないレベルのため、この程度であれば容量増加のメリットが上回る、というユーザーは多いでしょう。

カラーはマットブラック、パールホワイト、ネイビーの3色です。

詳細は下記記事もご覧ください。

4000mAhの内蔵バッテリーでスタミナ抜群、FREETELが1万7800円のSIMフリースマホPriori 3S LTEを先行発売開始



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

141シェア
0
141
0

Sponsored Contents