LGエレクトロニクスが、同社製スマートフォン用の純正ケース『クイックカバー』の新バージョンを発表しました。機能的にはケースの上からのタッチで着信操作が可能といった点が挙げられますが、むしろ注目すべきは製品自体よりもリリース文のタイトル。

「FOR YET-TO-BE-ANNOUNCED LG G5」と、未発表製品であるはずの次期モデル『LG G5』用であることを強調するという、全力でツッコミを入れたくなるタイトル芸を披露しており、言わば「公式が『王様の耳はロバの耳』」状態になっています。

LGエレクトロニクス 「未発表のLG G5」用純正カバー

すべての写真を見る

4 枚





技術的な特徴は、ディスプレイ側カバーのほとんどをメッシュ状の構造にした点。これによりカバーの上からでも本体側はタッチを認識できるようになり、カバーを開けずに着信やアラームの停止など、急ぎの操作が可能になります。

また、中央上部には通知表示用の窓を用意。LG G5の特徴的機能『Always-on Display』と組み合わせることで、カバーを閉じた状態で時刻、日付、および通知を常に確認できる点もアピール。そして外観は金属風仕上げ。光沢感を演出すべく、光を反射する特殊フィルムを組み込んでいる点も紹介しています。

そしてパートナーとなるLG G5については、スペイン・バルセロナで2月22日(現地時間)から開催される『Mobile World Congress 2016』(MWC 2016)のLGブースにて出展される点にも触れ、本文を締めくくっています。

さて、LG G5自体に関しては、未発表ながら信頼性の高そうな仕様が流通しています。

総合すると、ディスプレイはWQHD(2560×1440)解像度で、心臓部となるSoCにはクアルコムの新ハイエンド『Snapdragon 820』を採用。同SoC搭載スマートフォンの第一陣となる見込み。さらにメインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GBと、2016年前半のAndroidスマートフォン高級機の基準とも呼べそうな仕様です。



このように今回のリリースは、チェックしていくとケースの紹介なのか、はたまたG5のプレビューなのかわからなくなる内容に仕上がっていますが(おそらくは後者)、ちょっと面白い趣向であることは確か。

いずれにせよ「LG G5と呼ばれる、Always-on Display機能を搭載した片手で握れるサイズのスマートフォンがMWC 2016に出る」ということは見て取れます。技術的にもAlways-on Displayをはじめ注目できそうだけに、かなり期待できそうです。
もはや隠す気ゼロ。LGエレが「未発表のLG G5用」とのタイトル芸を冠して純正ケースを先行発表
広告

0 コメント

広告