UQは、ファーウェイ製の新型WiMAX 2+ルータ『W02』を2月19日に発売します。初代WiMAX非対応のW01の後継モデルです。カラバリを刷新したほか、11acに対応、バッテリー残量によってキャリアアグリゲーションのON/OFFを切り替わる新モードを追加した点が特徴です。

Speed Wi-FI NEXT W02は、ファーウェイ製のモバイルWi-FIルータです。受信最大220MbpsのWiMAX 2+に加えて、受信最大75Mbpsのau 4G LTE(800MHz)に対応したハイブリッドモデル。また、最新のWi-Fi規格 11acにも対応します。

また2.4インチのカラータッチパネル(解像度:320 x 240)を備え、スマートフォンのような直感的なタッチ操作が可能です。

同時接続可能台数は10台。連続通信時間はWiMAX 2+のハイパフォーマンスモードで390分、バッテリーセーブモードで510分。また、バッテリー残量によってキャリアアグリゲーションのON/OFFを切り替える新モード「ノーマル」適用時には、約420分となります。

本体サイズは121 x 59 x 11.1mm、質量は119g。カラーはグリーン・ホワイトの2色展開です。また、別売りでクレードルを用意します。



主な仕様は下記の通りです。




WiMAX 2+だけでなくau 4G LTEの800MHz帯に対応するため、WiMAX 2+が展開していない郊外での使い勝手が良いモバイルルータとなります。一方、初代WiMAXには対応しませんが、初代WiMAXからWiMAX 2+への移行が着実に進んでおり、あまり大きな問題にはならなそうです。

Speed Wi-Fi W02は2月19日に発売予定です。
UQが新型WiMAX 2+ルータ『W02』を2月19日発売。au 4G LTE / 11ac対応、2.4型カラータッチパネル搭載
広告

0 コメント

広告