Googleは、円形の新型Chromecastおよび、オーディオに特化したChromecast Audioを本日2月18日に国内発売しました。ビックカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラなどで購入可能。Googleストアでは2月19日から販売を開始します。価格はいずれも4980円です。

丸くなった新Chromecastは11ac対応、FastPlayなど新機能追加

Chromecast はその形状がドングル型から円盤状に大きく変化。本体から延びる平型コードでテレビのHDMI端子に接続するペンダント型になりました。初代モデルはそのままHDMI端子に差し込んでいたため、何かに引っ掛けたりしたときに端子部を破損する可能性もありましたが、新モデルなら端子への負担も少なそうです。

新機能 Fast Play は再設計された Android /iOS の Chromecast アプリによって提供されます。あらかじめ次に再生するであろう動画の頭の部分をバッファに溜めておくことで機能し、たとえばドラマであれば、次回を先読みしておくことで再生中のエピソードが終わったらすぐに次を再生可能。これによりレスポンスを大きく改善します。

WiFi は2.4GHz帯に加えて、5GHz帯を使う802.11acに新たに対応。より高速な転送速度でのデータ通信が可能で、電子レンジなどの干渉に悩まされていたひとにとっては朗報です。

対応するサービスは現在「GYAO」「dアニメ」「dTV」「Hulu」「Netflix」など。対応サービスは今後も順次増加する見通しです。

カラーはレモネード・コーラル・ブラックの3色展開です。

Chromecast Audioはその名の通りオーディオ用



Chromecast Audio は名前のとおり、音楽・音声用のChromecast。通常の Chromecast がHDMI端子を備えてテレビなどに接続するのに対して、Chromecast Audio は3.5mm / RCA音声出力、光デジタル出力を備え、既存のスピーカーをWiFiワイヤレススピーカーに変身させます。

特徴はHDMI接続の無印Chromecastと同様、WiFiネットワーク内にあるデバイスならば、Bluetoothのようにペアリングの手間なく簡単に接続できること。来客などのために、WiFiパスワードがなくても音楽をキャストできるゲストモードも備えます。



Chromecast に対応するすべての音楽アプリのほか、音楽以外のアプリでも音声を出力できます。たとえばYouTube や、ウェブの音楽サービスなどもスピーカーから出力可能。Android / iOS / Windows / OS X / Chromebook にマルチ対応します。

使い方は音楽を再生して、出力先のスピーカーを選ぶだけ。同じネットワーク内にあるスピーカーは、別の部屋でも自動検出されて並びます。
丸くなった新型Chromecast / Audioが日本発売、4980円。高速WiFiの11ac、FastPlayなど新機能追加
広告

0 コメント

広告