ANYYOUONは、OSにAndroid WearではなくAndroid 5.1を採用した3Gスマートウォッチ「SmartGear 53」の予約販売を2月19日に開始します。予約購入はAppBar会員限定で、数量は300台となっています。


本製品は、「スマートフォンウォッチ」をうたうとおり、コンパニオンデバイスの意味合いが強い従来のスマートウォッチと異なり、OSにスマートフォン向けフルOSのAndroid 5.1を採用。nano SIMスロットを備え、単体での音声通話が可能です。

また、従来モデルからの改善点として、マイクとスピーカーを本体内部に内蔵したことで、ベルト(22mm)は好きなデザインのものと交換できるようになりました。

主な仕様は、MediaTek MTK2601 1.2GHzデュアルコアCPU、RAMは1GB、ストレージ容量は8GBなど。W-CDMAはBand 1に対応。LTEには非対応です。その他、Bluetooth 4.1、加速度センサ、Wi-Fiに対応

画面サイズは1.3インチ 360 x 360の円形モニタ。またIPX7相当の防水性能をうたいますがこちらはAppbar会員限定保証対象となっています。



SmartGear 53はAppBar限定で2月19日午前10時予約開始。予約数は限定300台。5月下旬から順次発送を開始します。価格は2月25日までの予約購入であれば2万8000円。一般を予定する6月下旬では4万5000円と購入時期が早ければ早いほどお得に購入できます。
SIMフリーのスマートウォッチ「SmartGear 53」。Android 5.1搭載、2万8000円で2月19日予約販売開始
広告

0 コメント

広告