ソニーモバイルは、3月7日より海外版Xperiaシリーズへの新OS Android 6.0の配信を開始します。OSバージョンアップを心待ちにしているユーザーも多いと思われますが、関係者によるとユーザー目線での変化は控えめで、小規模なバージョンアップとなる見通しです。

その理由の一つが、Android 6.0の目玉とされる省電力機能「Doze」と「アプリスタンバイ」です。

Dozeは、長く端末を操作しないとディープスリープに入り、バッテリーを長持ちさせる機能。アプリスタンバイは、使用頻度の低いアプリの電力消費を選択的に制限してバッテリーを長持ちさせる機能です。Android 6.0の詳細はこちらをご覧ください。

auの商品企画を担当する村松氏(商品・CS統括本部 プロダクト企画本部 プロダクト企画1部 端末1G マネージャーです)に、au版 XperiaのAndroid 6.0アップデートについて聞いたところ、auも近日中にアップデートを準備しているとしたうえで、次のように話しました。

『今回のバージョンアップは、正直なところユーザー目線の変化はあまりない。Android 6.0は、Dozeやディープスタンバイといった省電力が目玉だが、ソニーさんはXperiaシリーズで全く同じことを実現している。GoogleがようやくXperiaに追いついたという感じ。Android 6.0の省電力とスタミナモードはバッティングする部分が多く、バージョンアップではそれを避ける工夫をした』(au 村松氏)

(NTTドコモがチラ見せしたAndroid 6.0版Xperia Z5のスクリーンショット)


その他、Android 6.0のもう一つの目玉機能は、パーミッション設定の強化です。これは、アプリインストール時に一括して権限を与えるのではなく、アプリを使うたびに、データを共有する対象やタイミングを選択できます。また、権限をいつでも無効化できるのも特徴。この点についてはXperiaスマートフォンをAndroid 6.0にバージョンアップする大きなメリットとなります。

キャリアとしてのOSバージョンアップへの悩みも


なおauの村松氏は、キャリアとしてOSアップデートにどこまで追従すればいいか、悩みは多いとも話します。『Android 4.4から5.0への更新時に、UIが変わったために苦情が殺到した』というエピソードを紹介。それに比べれば、今回のAndroid 6.0は『殆ど変わらない』小規模なものに収まるそうです。

一方、総務省のタスクフォースにより、2月1日から実質ゼロ円の廃止が始まりました。auはこれを見越して、端末の調達コストを抑えた中価格帯モデルを秋冬から充実させています。その流れを踏まえ、海外で販売中の中価格帯のXperiaシリーズを今後日本市場で発売するのか、村松氏に尋ねてみると、次のような回答を得ました。『今のところは何も言えない、ただ、(ソニーさんのように)国内で元気なメーカーさんは少ない。なんとかして繋いでいきたい』
『グーグルがXperiaに追いついた』ソニー製スマホのAndroid 6.0アプデは控え目に
広告

0 コメント

広告