Other

リコーイメージングは4月下旬より、ペンタックス初となる35mmフルサイズセンサー採用のデジタル一眼レフカメラ『PENTAX K-1』を発売します。ボディ単体のみで販売し、想定価格は28万円前後(税込)の見込み。

Kマウントで初めて35.9×24.0mmのCMOSイメージセンサーを採用したデジタル一眼レフカメラ。ローパスフィルターレスの仕様と画質重視のチューニングを施した新型画像処理エンジン「PRIME IV」を搭載しています。

PENTAX K-1

すべての写真を見る

13 枚


Other

センサーシフト方式の手ぶれ補正ユニット「SR II」を内蔵。従来の角度ぶれに加えて回転ぶれにも対応した5軸補正で、効果はシャッター速度換算で5段まで。流し撮りを検知し、振りの方向以外のベクトルのぶれだけを補正するように制御する機能も備えています。

Other

APS-Cセンサー搭載機のK-3 IIにも装備しているイメージセンサーユニット微細駆動技術「リアル・レゾリューション・システム」や「ローパスセレクター」機能も引き続き搭載しました。

リアル・レゾリューション・システムはユニットを1画素ずつずらしながら4回撮影(電子シャッター利用)した画像を合成して超高精度な画像を撮影できます。一方「ローパスセレクター」は、露光中にユニットを微小駆動させ、モアレを軽減してくれます。

ほかにも、カメラの左右の傾きを補正する「自動水平補正」や「回折補正」、内蔵のGPS機能と電子コンパスとの組み合わせで天体の追尾撮影をカメラ単体で実現する「アストロトレーサー」など、ユニットを応用した機能が揃っています。

ディープラーニングをアルゴリズムに使用した「ペンタックス リアルタイムシーン解析システム」により、撮影シーンに応じて最適な測光と露出制御を可能にしているのも面白いポイントです。


イメージセンサーの有効画素数約3640万画素。感度はISO100~204800の範囲で設定可能。フルサイズに対応するAFシステムは、33点測距の「SAFOX 12」(中央部25点はクロスタイプ)を使用。中央およびその上下3点はF2.8の光束に対応し、大口径レンズを使った時のシビアなピント合わせに効力を発揮します。

シャッター速度は1/8000秒~30秒で、連写速度は最高約4.4コマ/秒(RAWは17コマ、JPEGは70コマまで)です。

画面サイズ3.2型(103.7万ドット)の液晶モニターは、4本のステーで支えられた複雑な機構がユニーク。レンズの光軸から外れることなく上下左右、斜めにも向きを変えられる新開発のフレキシブルチルト式。上下約44度、左右約35度の範囲を動かせるうえ、台座部からモニターを引き上げることでウエストレベルの撮影もしやすくなります。

Other

視野率100%の光学ファインダー、防塵・防滴構造とマイナス10℃までの動作を保証する耐寒性能、暗い場所でもレンズやSDカードの交換などがしやすくなるようLED照明を要所に配置、スマートフォン連携機能など、細部に渡ってこだわりの感じられる性能・機能を有しています。

その他仕様としては、通信規格はIEEE 802.11b/g/nをサポート。1回の充電で約760枚撮影できるとしています。なお、「バッテリーグリップ」も同日3万2500円(税別)で発売します。

Other

ボディの大きさは約136.5×110×85.5mm、重さはバッテリー・SDカード1枚込みで約1010gです。

PENTAX K-1と同時期の4月下旬に、フルサイズ対応レンズ『HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR』『HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR』も発売予定です。AF後、切り替え操作不要でMFが使える「クイックシフト・フォーカス・システム」や、透過率が高い「HDコーティング」、防滴構造を共通で採用しています。

『HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR』は風景撮影からスナップ撮影まで対応するズームレンズで、新型の超音波モーターで高速で静かなAFを実現しています。大きさは約98.5×143.5mm、重さは約1040g。価格は25万円(税別)。

Other

『HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR』は、実用性の高い焦点域をカバーする標準ズームレンズで、やわらかい円形のボケを表現可能とする9枚羽根の円形絞りを備えています。大きさは約73.0×86.5mm、重さは約440g。価格は9万円(税別)。

Other

ペンタックスファンが長いこと待ち焦がれたフルサイズ機が満を持して発売されます。価格もフルサイズとしてはそこまで高くはなく、最新技術も詰め込まれ、満足度の高そうなカメラです。
ペンタックス初のフルサイズデジタル一眼レフ『PENTAX K-1』、ヘンテコ可動液晶やLEDライト内蔵など独自機能が目白押し。対応レンズも続々登場
広告

0 コメント

広告