キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot G7 X Mark II」を発表しました。

プレミアムコンパクト「PowerShot G」シリーズの中級機で、2014年10月に発売したPowerShot G7 Xの後継モデル。画像処理エンジンに「DIGIC 7」を初搭載したことで、高感度時の解像感、AFの追尾性能、被写体(人物/物体)の検出性能などが軒並み向上したほか、手ブレ補正機構の効果改善を図っています。

PowerShot G7 X Mark II

すべての写真を見る

9 枚



光学手ブレ補正機構には、従来からのジャイロセンサー駆動にイメージセンサーの画像情報から画像のブレ量を検知するアルゴリズムを加えた「デュアルセンシングIS」を新搭載し、約4段分相当の手ブレ補正効果が得られるようになりました。

画像処理エンジンの刷新により処理できる画像情報が増えたことで、ノイズリダクションの性能も向上しています。具体的には、ISO1600時の解像感が旧機種のISO800と同等程度にまで改善しました。このほかにも、レンズのF値を絞った際に発生する回折現象の軽減や、オートライティングオプティマイザによる補正を適用した際のコントラスト変化の抑制などを盛り込んでいます。

レンズは35mm判換算で24-100mm相当、F1.8-2.8。イメージセンサーは有効2010万画素の1型CMOS。最高感度はISO12800。60pのフルHD動画記録に対応します。

液晶モニターは3型約104万ドットのチルト式。Wi-Fi、NFCを装備。発売は4月下旬。直販価格は税別7万7800円。
キヤノン、手ブレ補正を強化した「PowerShot G7 X Mark II」。画像処理エンジンを刷新、AFやNR向上、回折補正も新搭載
広告

0 コメント

広告