キヤノンがEOS 80Dと同時に発表した高倍率ズームレンズ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMは、AF駆動用のセンサーに新設計の超音波 NANO USMを搭載している点が特徴の交換レンズです。

また、本レンズと同時に、後付で電動ズーム機能を付加するパワーズームアダプター「PZ-E1」も発表されました。手動では難しい滑らかなズーミングを補助するためのアクセサリーです。

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM & PZ-E1

すべての写真を見る

8 枚


NANO USMは、高速なAFと静粛な駆動を重視したレンズ内蔵の小型超音波モーター。小型ゆえに大口径望遠レンズなど大きなレンズのフォーカス駆動には適さないとのことですが、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMくらいのサイズであれば、レンズの小型化とAFの高速化に寄与します。

レンズにはアクセサリー用端子を備えており、PZ-E1を装着することでパワーズームを利用できます。この端子はEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMにしか備えていないので、PZ-E1が使えるレンズは現在のところ1本だけ。追い追い対応レンズは増やしていくつもり、とのことです。制御の関係でEOS 80D装着時限定ですが、スマートフォンアプリ「Camera Connect」や「EOS Utility」からPZ-E1のリモート操作をすることもできます。


PZ-E1のパワーズームはFAST(高速)とSLOW(低速)の2モードを切り替えて使用できます。低速モードでは駆動音がほとんどしないので、静かな場所での動画記録時に役立つでしょう。FASTモードはレバースライド深さの具合で16段階の速度調整が可能となっており、SLOW相当までズーミング速度を落とすこともできます。電源は単4電池×4。






パワーズームは動画撮影時に恩恵の大きい機能ですが、レンズのズーム操作は構図を決定する際に微調整することも多いので、ファインダー内でピンとくる構図になるまで滑らかにズームを動かせるのは意外と快適です。風景やマクロ撮影時にじっくり構図を決めたい向きには有用でしょう。

なおEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMの発売時期は3月25日。価格は税別8万3000円。PZ-E1の発売時期は6月下旬で価格は税別2万5000円。
外付けパワーズームアダプター「PZ-E1」ハンズオン。新AFモーター搭載の18-135mmで使える滑らかフォーカスアクセサリー
広告

0 コメント

広告