Sponsored Contents

huaweiの最新記事

Image credit:

ファーウェイが12型のWindows 10タブ『MateBook』発表。第6世代Core m、指紋認証、キーボードは別売り:MWC2016

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年2月22日, 午前12:30 in Huawei
458 シェア
115
231
0
112

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View


バルセロナで開催中の携帯関連見本市 MWC 2016より。ファーウェイは、キーボードに接続してノートPCとしても使えるWindows 10タブレット MateBookを発表しました。

6.9mmの超薄型フルアルミボディに、インテルの第6世代Core mプロセッサ、12インチ 2160 x 1440解像度のディスプレイを搭載。別売りで4色展開のキーボードカバー、レーザーポインター機能を備えるスタイラスMate Penを用意します。グローバル市場では5月に発売予定。

Gallery: ファーウェイ MateBook | 16 Photos



ディスプレイは12インチ。フロントを占める画面の割合は88%と、iPad Pro(76%)や、Surface Pro 4(77%)に比べたベゼルが狭く、大画面とコンパクトさを両立させています。



バッテリー容量は4430mAhで、連続駆動時間は公称10時間です。なお、ノートPCは持ち運ぶ際に充電器がかさばるのが地味なストレスですが、HUAWEI MateBookではUSB-C端子を採用。充電器は110gと小型軽量で、持ち運びに便利とアピールします。



タブレット本体の質量は640gで、713gのiPad Proや766gのSurface Pro 4に比べて軽量です。



別売りのキーボードカバーは、キーストロークが1.5mmと、一般的なタブレット用キーボードとしては深め。Surface Pro 4の1.3mmより深く押し込めるので、ミスタイプが減少するほか、防滴加工により、水などをこぼしても心配不要としています。



また、別売りで2048段階の圧力を検知するスタイラス「Mate Pen」を用意します。ビジネス用途を意識して、先端から光が出てレーザーポインターとして使えるほか、側面のボタンでプレゼンテーションのスライドをめくることもできます。1時間の充電で1ヶ月(公称値)駆動するとしています。

またDolby Audioのデュアルスピーカーを搭載し、迫力あるサウンドを楽しめます。







側面には指紋センサーを搭載。スマートフォンと同じくワンタッチで認証するので、ログイン時にパスワードを入力する必要がありません。

ファーウェイは発表会において、ラップトップ(ノートPC)の技術革新がスマートフォンに比べて遅れていると問題提起しており、MateBookにはスマートフォンの技術を盛り込んだアピールしています。一方、MateBookをラップトップとして扱いながら、キーボードが別売りなのは残念ではあります。

このMacbookと空目しそうな名前のMateBookですが、グローバルでは中国を皮切りに5月に発売予定。北米や欧州でも順次発売予定です。会場の担当者によると、日本発売も予定しているとのことでした。製品の価格は下記の通りです。



関連キーワード: huawei, MateBook, mwc2016
458 シェア
115
231
0
112

Sponsored Contents