KDDIは、HPがモバイル関連見本市 MWC 2016で発表したWindows 10 Mobileスマートフォン「Elite x3」を夏以降に法人向けに発売します。Snapdragon 820に4GB RAM、虹彩認証、VoLTE、防水・防じんに対応したハイスペック端末です。


HP Elite x3の主な仕様は下記の通りです
  • Snapdragon 820 クアッドコアCPU
  • 6インチ 2560 x 1440 ディスプレイ
  • 4GB RAM
  • 64GBのストレージ容量
  • 虹彩認証
  • IP67防水防じん・耐衝撃対応
  • USB-C
  • au VoLTE対応
  • au LTEの全周波数 Band 1 / 26 / 28 / 41対応
  • CA対応:1_26、Band41_41対応
画面サイズは大きめの6インチで、解像度は2560 x 1440です。プロセッサにはクアルコムの最新SoC Snapdragon 820を採用します。同SoCはカスタムCPUコアのKryoを搭載したクアッドコアプロセッサで、先代のSnapdragon 810に比べるとコア数が半減していますが、1コアあたりの処理性能が高く、全体のパフォーマンスが大きく向上しています。

ネットワークはau 4G LTE、WiMAX 2+、キャリアアグリゲーションに対応します。また、国内向けWindows 10スマホとしては初めてVoLTE通話に対応。法人向け端末は同一機種の一括購入が多く、社内通話などでVoLTEの恩恵を個人向け端末に比べてより多く受けられるとしています。

その他、IP67相当の防水・防じん、耐衝撃に対応。また、生体認証として虹彩認証に対応します。



またWindows 10 Mobileの目玉機能 Continuumにも対応します。Snapdragon 820という超高性能プロセッサを採用するため、無線だけでなく有線でのContinuumが利用可能。RAMも4GBを搭載するため、Continuumが高速に動作するとしています。

余談ですが、現在国内で発売中のContinuum対応Windows 10スマートフォンは、いずれもSoCにSnapdragon 617を採用しています。このSnapdragon 617は有線でのContinuumに対応しておらず、有線に比べて不安定な無線接続に限られていました。





このように非常に高性能なWindows 10 MobileスマートフォンであるHP Elite x3。個人向け発売にも期待したいところですが、KDDIによれば法人向け限定。auショップでの展示も行わないとしています。発売は2016年夏以降の予定。価格は未定です。
KDDIが高性能Windows 10スマホ「HP Elite x3」夏発売。スナドラ820に虹彩認証、4GB RAM、法人向け:MWC2016
広告

0 コメント

広告