マウスコンピューターが、OSとしてWindows 10 Mobileを搭載するスマートフォン『MADOSMA Q601』を発表しました。ミドルレンジ仕様だった現行モデルQ501に比べて、6型フルHD液晶、Snapdragon 617を搭載し、Continuumにも対応するなどハードウェアスペックが底上げされています。

価格と発売時期、そしてContinuumが有線か無線かは、現状では未公表。


MADOSMA Q601は、Windows 10 Mobileを搭載したMADOSMA Q501の上位モデルにあたる機種。ディスプレイサイズは6インチに大型化、解像度もHDからフルHDとなるなど、価格重視の印象が強かった先代モデルに比べてスペックが大きく強化。

プロセッサは、NuAns NEOやVAIO Phone Bizと同じ、クアルコムのSnapdraon 617を採用しており、RAMは3GBと、ハイエンドクラスに近い仕様となっています。

デザインで注目したいのは、フロントガラス。エッジの加工はいわゆる2.5D加工のラウンドエッジが導入されており、高級感・質感を高めています。

MADOSMA Q601の主な仕様は下記のとおりです
  • ディスプレイ:6.0インチ フルHD (1920 x 1080)
  • プロセッサ(SoC):クアルコム Snapdragon 617 (MSM8952)
  • RAM:3GB
  • ストレージ容量:32GB (microSDXC 最大128GB)
  • カメラ:メイン1300万画素(F2.0 オートフォーカス)、フロント500万画素(F2.4オートフォーカス)
  • バッテリー容量:3900mAh
  • 本体サイズ、重量:160 x 82.3 x 7.9mm、176g (いずれも概算値)
  • 搭載センサー:GPS/A-GPS/Glonass、NFC、加速度/近接/光/電子コンパス
  • 拡張端子:USB-C (2.0)、マイク・ヘッドフォン
対応バンドは、国内向けがFDD-LTE 1/3/8/19/28(B)、TDD-LTE 41。WCDMAは1/6/8/19。海外向けがFDD-LTE 1/2/3/4/7/8/28(B)、TDD-LTE 38/40/41です。

なお同社は、2016年2月22日~25日にてスペイン、バルセロナで開催される世界最大級のモバイル関連展示会「Mobile World Congress (MWC) 2016」のMicrosoftブース(Hall 3 Stand 3M30)において、23日より開発中の端末が展示される点も告知しています。

このようにQ601は、Win 10 Mobile搭載機で人気の高まっているSnapdragon 617を中心とした構成や3GB RAM、大型画面と大容量バッテリーの搭載など、2016年のトレンドに沿った仕様となっているのがポイント。実売価格によっては、Q501に続く定番モデルともなりそうです。
MADOSMAのContinuum対応上位機Q601が発表。6型フルHD液晶にスナドラ617、RAM 3GBの充実装備
広告

0 コメント

広告