スペイン・バルセロナで開催中のモバイル関連見本市 MWC 2016より。ソニーモバイルは、水平垂直360度の全天球を撮影できるカメラ XPERIA Eyeを参考出展しています。 キーワードは「ウェアラブル」で、身に付けるだけで、人が操作しなくても適切なタイミングで写真や動画が撮影できるとしています。

(訂正)当初360°全天球カメラとお伝えしましたが、正確には片側のみに魚眼カメラを搭載した、いわば半天球カメラでした。ソニーによると、水平・垂直がそれぞれ180°撮影できることを、360°カメラと表現したとしています。


Xperia EYE

すべての写真を見る

6 枚




Xperiaといえばこれまで、スマートフォンやタブレット専用のブランドでした。ソニーは今回のMWCにおいて、Xperiaを『コミュニケーションを促進するブランド』と再定義。IoTデバイスに横展開し、Xperiaブランドを冠した小型プロジェクターやロボットをコンセプト出展しています。XPERIA Eyeも、そのコンセプトのうちの一つです。

THETAとの違いは「ウェアラブル」と「インテリジェンス」

XPERIA Eyeは、リコー THETAのように両側についた魚眼カメラで360度の全天球を (追記)THETAとは異なり、片側水平180°垂直180°の合計360°を撮影できます。また THETAとの更なる違いは「ウェアラブル」かつ「インテリジェンス」であること。ストラップなどで身に着けるだけで、適切なタイミングでシャッターを押し、映像や写真を記録できるとしています。これは、搭載するインテリジェントエンジンで実現できるとしています。

XPERIA Eyeを企画したソニーモバイル 城重拓郎氏


なぜソニーが360度カメラのコンセプトを出展したのか。開発担当者に話を伺いました。

それによると、ソニー内部では現在「ルックアップ」という掛け声が広がっているとのこと。これは、スマートフォンばかり見ないで外を見上げよう!という意味で、例えば景勝地にて、人々は肉眼ではなく、写真を残すためにスマートフォン越しに景色を見ていることがよくあるといいます。



XPERIA Eyeは、身に付けているだけで、前述の通りインテリジェントエンジンが適切なタイミングでシャッターを押し写真や映像を記録してくれます。そのため、人はその瞬間でしか見れない景色を肉眼で、写真に残すことを意識せずに楽しめます。でも写真や映像はしっかり記録できている。そのようなコンセプトで企画したとしています。

なおXPERIA Eyeは、今回のMWC 2016ではあくまでコンセプト出展。詳細などは決まっていません。ただ、仕様として4Kはキーワードにしたいと担当者は話します。今回の出展でのフィードバックも参考にしながら、今後の製品化の可否を判断するとしています。



なお360度全天球カメラについては、VRヘッドセットとの相性がいいこともあり、サムスンも『Gear 360』を発表するなど参入が相次いでいます。(訂正)その中でもXPERIA Eyeは片側のみの半天球カメラとはいえ、「コミュニケーションを促進する」というXperiaブランドのもと開発されており、ほかの360°カメラとはひと味違った切り口であると感じます。製品化にぜひ期待したいところです。
THETAのライバル? ソニーが360度半天球カメラ『XPERIA Eye』コンセプト出展。ウェアラブルがキーワード(訂正)
広告

0 コメント

広告