Sponsored Contents

mwc2016の最新記事

Image credit:

『Xperia Z5は最後のZシリーズ、Z6という製品は出てこない』ソニーモバイル伊藤氏が明言:MWC 2016

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年2月24日, 午後08:20 in Mwc2016
1333 シェア
366
809
0
158

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

遂に来た大本命「Amazon Echo」をじっくりレビュー。豊富なスキルが強みだが意外な弱点も見えてきた

遂に来た大本命「Amazon Echo」をじっくりレビュー。豊富なスキルが強みだが意外な弱点も見えてきた

View


バルセロナで開催中のモバイル関連見本市 MWC 2016より。ソニーモバイルの商品企画を担当する伊藤博史氏は、新シリーズXperia Xを発表したことに関連し、従来のXperia Zシリーズについて『Xperia Z5は最後のZシリーズ、Z6という製品は出てこない』と明言しました。

伊藤氏は、Xperia Xシリーズについて『Xperiaの第3章の幕開け』と話します。第1章は、ソニーが2010年に発売した初のAndroidスマートフォン Xperia X10からXperia Zまで、第2章は、カメラやオーディオ・ゲームといったソニー得意分野の技術力を結集させる「ワンソニー」の概念を取り入れたXperia Z1〜Z5までが該当するとしています。

そしてXperia Xから始まる第3章では、単にスマートフォンにいろいろな機能を追加するのではなく、ユーザーが求めている"本質"の部分にフォーカスを置くと説明。



また、ソニーが今回のMWCで発表したXperia Ear、Xperia Eye、Xperia Projector、Xperia Agentなど、スマートフォン以外のXperiaブランドを冠する製品やコンセプトを引き合いに、

Xperiaブランドはいろいろな広がりを持って展開する』『今後もソニーで培ってきた技術を有効活用していくが、これからはインテリジェンスを伴って、Xperiaというブランドが新しいコミュニケーションを作っていく。Xperia Xはその第一歩』と説明。(詳細は後日記事化予定)。そのうえで、Xperia Zシリーズの新機種は今後登場せず、Xperia Xシリーズに置き換わると明言しました。

またXperia Xの「X」の由来については『日本だとXperiaブランドの認知度が高いが、グローバルだとそこまで高くない』『Xperiaの再定義を始めていく。Xperiaというブランドに向かい合って、グローバルで認知していただくために、わかりやすいXという文字を切り取った』としました。



ソニー最上級スマホ Xperia X Performance実機写真。メタルと2.5Dガラスが醸す高級感、今夏日本発売

(更新完了)

関連キーワード: mwc2016, Xperia Z5, xperia z6
1333 シェア
366
809
0
158

Sponsored Contents