Sponsored Contents

thankoの最新記事

Image credit:
Save

ルンバのおともにいかが?水拭き&乾拭きで床掃除するロボット『水ブキーナー』、サンコーから登場

Yusuke Fujinawa
2016年2月25日, 午後06:50 in Thanko
122シェア
0
122
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


サンコーは、自動で床の水拭き・乾拭き掃除をしてくれるユニークなロボット『水ブキーナー』を発売しました。同社直販サイト「サンコーレアモノショップ」で販売し、価格は9980円(税込)。 

Gallery: 水ブキーナー | 9 Photos

9

『水ブキーナー』は、床を水拭きと乾拭きで掃除するロボットで、電源を入れるだけで自動で動作します。ランダムモード・壁沿いモード・S字モードの3種類の動き方を、自動で切り替えながら掃除してくれます。

Other

水拭き時は水を入れる専用のタンクとウェットモップシート、乾拭き時はマイクロファイバーシートを付け替えて使用します。

タンクは細い空間を液体が移動する「毛細管現象」の原理を採用しており、適量の水がシートに染みこむようになっています。この仕組みのおかげで、床が水浸しになってしまう、掃除を終える前にシートが乾いてしまうといったことを防止してくれます。

Other

なお、各シートは水洗いして繰り返し使え、交換シートも880円(税込)で販売しています。

バッテリーで駆動し、充電には約2.5時間かかります。連続駆動時間は、乾拭きなら90分、水拭きなら60分です。

本体サイズは260×85mm、重さは1200g。運転音は55dBと比較的静か。

ルンバを代表とするロボット掃除機は複数登場していますが、そのほとんどが掃き掃除用。ルンバで掃き掃除をした後に『水ブキーナー』で床そのものの汚れを落とせば、楽に床をピカピカな状態に保てそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: thanko
122シェア
0
122
0

Sponsored Contents