Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:

Windows 10スマホは日本ブランドが世界を席巻?MSブースに展示されたサードパーティー製の半数超がMade by Japan:MWC 2016

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年2月26日, 午前12:00 in Microsoft
565 シェア
209
232
0
124

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

遂に来た大本命「Amazon Echo」をじっくりレビュー。豊富なスキルが強みだが意外な弱点も見えてきた

遂に来た大本命「Amazon Echo」をじっくりレビュー。豊富なスキルが強みだが意外な弱点も見えてきた

View


バルセロナで開催中のモバイル関連見本市 MWC 2016より。マイクロソフトブースでは、展示中のサード製Windows 10 Mobileスマートフォン9機種のうち5機種を日本ブランドが占め、世界的に見た日本のWindows 10 Mobileの盛り上がりの大きさを伺うことができました。ブースレポートをお届けします。 

Gallery: MWC マイクロソフトブース | 7 Photos

マイクロソフトブースに展示されていたサード製Windows 10 Mobile端末は以下の9機種です。

1.マウスコンピューター MADOSMA Q601​ (日本)
マウスコンピューターが今回のMWC 2016で発表したMADSOMAの新モデルです。画面サイズが6インチに大型化、デザインもアルミニウムを採用するなど大きく刷新。Windows 10 Mobileの目玉機能であるContinuumにも対応します。


2. HP Elite x3 (アメリカ)
KDDIが今夏に法人向けに発売する超高性能Windows 10 Mobileスマートフォンです。

開発段階からのKDDIとHPの協業により、VoLTE通話やキャリアアグリゲーションにも対応します。また、SoCにクアルコムの最新鋭プロセッサ Snapdragon 820を採用。RAMは4GBを搭載し、法人から熱い目線を浴びるWindows 10 Mobileの目玉機能 Continuumも快適に扱えるとしています。
3. FREETEL KATANA 01​ (日本)
1万2800円という低価格で11月に国内発売されたFREETELのKATANA 01も出展。Snapdragon 210、4.5インチ VGAディスプレイというローエンド仕様で、Continuumにも対応しませんが、激安で入手できるWindows 10 Mobileスマートフォンとして話題を集めました。
4. VAIO Phone Biz (日本)
真のVAIO Phoneとの呼び声の VAIO Phone Biz。高級感ただようVAIO Z系デザイン+アルミボディを採用。PCと同様の全数検査「安曇野FINISH」を実施するなど、VAIOブランドを纏うことに違和感のない製品に仕上がっています。Windows 10 Mobileの目玉機能 Continuumにも対応します。
5. Trinity NuAns NEO (日本)
国内初のContinuum対応スマートフォンとして登場したNuAns NEO。iPhoneのケースやカバーなどを作っているトリニティらしく、ボディと外観を分離した「COREコンセプト」と呼ばれる構造で、色々なデザインを楽しめる点が特徴です。
6. Alcatel OneTouch Fierce XL (フランス)
日本でもSIMフリースマートフォンを展開する Alcatelブランドの5.5インチスマートフォン。フランスブランドをうたいますが、中国TCLも大きく関わっています。1.1GHzのクアッドコアプロセッサ、2GB RAMを搭載。大画面のローエンド〜ミドルレンジ下位に位置づけられる端末です。

7. Acer Jade Primo (台湾)
日本発売も噂されているAcerのJade Primoです。Snapdragon 808 ヘキサコアプロセッサを搭載し、無線だけでなく有線でのContinuumにも対応します。5.5インチフルHD解像度の有機ELを搭載するなど、高性能なWindows 10スマホとして話題を集めました。

しかし、MWC 2016でSnapdragon 820を搭載した後述のHP Elite x3の発表されるなどしたため(発売は夏ですが)、すっかり影が薄くなってしまった印象です。
8. Jenesis 4" Phone (日本)
日本のジェネシスホールディングスの激安Windows 10スマートフォン、価格は1万2800円。本体カラーはブラックとホワイトの2色展開ですが、リアカバーは着せ替えが可能で、製品には3色のリアカバーを同梱し、気分に応じて本体カラーを変えられる点が特徴です。


9. Alcatel OneTouch Pixi 3 8" (フランス)
タブレットながらWindows 10 Mobileを搭載する点で意外性のあるAlcatel OneTouch Pixi 3 8"。4G LTE対応。Snapdragon 210に1GB RAMを搭載したローエンド端末です。199ドルと低価格で販売されます。フルWindows 10は動作しませんが、WEB閲覧やメール、メッセージのやり取り、Windows 10ストアからゲームをダウンロードして楽しむには十分の仕様です。

展示の9機種中5機種が日本ブランド

このように、マイクロソフトブースに展示されていたサード製Windows 10 Mobileスマートフォン・タブレット9機種のうち5機種が日本ブランドの製品となっていました。



国内では法人・個人向けを問わずSIMフリー市場が盛り上がりを見せており、それに乗じて各社がSIMフリーのWindows 10スマートフォンを続々と国内発売しています。世界的に特異とも思える日本での盛り上がりが、今後も継続するのか、はたまた一時的なものに終わってしまうのか気になるところです。

関連キーワード: microsoft, mwc2016, windows 10, Windows 10 mobile
565 シェア
209
232
0
124

Sponsored Contents