Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。カメラ関連イベント『CP+ 2016』のリコーブースでは、3月18日発売のアクションカム『WG-M2』を展示しています。

前モデル(WG-M1)との違いは以下の通り。
  • 4K動画撮影対応、
  • 防水 水深10m 20m
  • 動画画角 約137度 204度
  • 重さ約190g 約136g
担当者曰く、本体の防水性能が優れているため、ハウジングは不要。そのためオーディオ面でも「クリアな音質で録音できるのがウリ」とのことでした。動画による説明はこちら。尺は2分18秒です。

 
【動画】リコーのアクションカム『WG-M2』、より小さく、よりタフに。ハウジングいらずでクリアな音質がウリ
広告

0 コメント

広告