Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。アーケードゲームやアミューズメント施設関連のイベント「JAEPO」(ジャパンアミューズメントエキスポ)のレポートをお届けします。イベントでは、複数の電子マネーに対応した電子マネーリーダーが各社スペースを割いていました。

取材する中で浮かび上がってきたのは、100円硬貨などでゲームを遊ぶスタイルが、ビジネスとして相当厳しくなっているという現実でした。あるブース担当者は「利用者が昔と違って両替さえも億劫に感じるようになった」と話していました。

なお、WAONやSuicaなど既存電子マネーでの支払いを求める声はファミリー層でとくに強く、タイトーではキャラクター入りカードなどを発行し、ファン向け施策を強めることでヘビーユーザーも取り込んでいく計画です。動画の尺は2分27秒。


【動画】1コインビジネスの終焉、両替がわずらわしい時代のアミューズメント機器。ゲーム各社がゲーセン電子マネーに力を入れる背景 at JAEPO
広告

0 コメント

広告